デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】ロジカルシンキング
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 自分の考えを適切に言語化し、言葉として、他者に説明できるようにすること、そしてその説明をもとに、他者と意見交換したり、議論して、より適切な知見を得ることである。論理展開のメソッドの講義と、ケース(実例)を使った演習を組み合わせて、実践的な言語か能力を身につけることを目標とする。

ロジカルシンキングは、ビジネスパースンの基本スキルとして広く認知されており、多くの有力企業で入社3年目程度までに研修が行われている(僕自身、この世代向けの研修講師を多数つとめている)。しかしクリエイティブ業界やコンテンツ業界では、小規模企業が多いこともあり、このような研修の機会はほとんどない。よって、在学中に受講することが望ましい。当然、就職活動にも大きな効果がある。

また在学中のレポートや発表、制作プロジェクトの議論など、学生生活にも大きな力になる。

とはいえ、クラスは誰でも入門できるレベルからゆっくり、一歩ずつ進めていくので、むずかしいのではないかという心配する必要はない。クラスに出席し、やるべき課題に前向きに取り組み、提出すべきものを提出すれば、単位取得は難しくない。

実務教員として社会経験も豊富なので、ビジネス界の現状についても折に触れて話していきたい。
授業概要(教育目的) クリエイターを含むビジネスパースンにとって必要不可欠な、「考える」「聞く」「話す」「伝える」といったコミュニケーション能力と、その背景としての論理的な思考力を徹底的に鍛える。この能力は「感性の産物」という傾向の強いコンテンツ作品を、言語を使って説明する能力につながり、作品のプレゼンテーション能力となり、クリエイターのパワーを支える。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
論理思考
ピラミッドストラクチャ
因果関係
イシュー
意思
主張
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
ロジカルシンキング   初級
企画立案力       初級
プレゼンテーション力  初級
文章力         初級
授業計画表
ロジカルシンキング  
担当教員各回タイトル内容
第1回渡辺パコ■day1
イントロダクション
言語化
講座全体の説明と商会的なミニ演習。ミュージックビデオを見た上で、そのビデオを、見ていない人に説明する。何を伝えればわかりやすい説明になるかを考える。
第2回渡辺パコ■day2
【理解したことを言語化する】
討論VTR「しゃべり場 将来の安全策」を見て、何が話されているかを理解し、言語化する。漫然と聞くのではなく、意味を正確に把握して聞き取り、言葉にする。
第3回渡辺パコ■day2
【理解したことを言語化する】
討論VTR「しゃべり場 将来の安全策」を見て、何が話されているかを理解し、言語化する。漫然と聞くのではなく、意味を正確に把握して聞き取り、言葉にする。
第4回渡辺パコ■day3
【イシュー分解】
ひとつのイシュー(議題)には常に複数のイシュー(要素が含まれている。イシューを要素分解する方法を実践的に学ぶ。討論
VTR「しゃべり場 ランキングをぶっ飛ばせ」使用。
第5回渡辺パコ■day3
【イシュー分解】
ひとつのイシュー(議題)には常に複数のイシュー(要素が含まれている。イシューを要素分解する方法を実践的に学ぶ。討論
VTR「しゃべり場 ランキングをぶっ飛ばせ」使用。
第6回渡辺パコ■day4
【主張と反論】
討論番組を見て、そこでの主張の論理展開を押さえる。その後、その主張に対して、賛同と反論を考える。
第7回渡辺パコ■day4
【主張と反論】
討論番組を見て、そこでの主張の論理展開を押さえる。その後、その主張に対して、賛同と反論を考える。
第8回渡辺パコ■day5
【因果関係】
原因と結果のつながりでものごとを理解する方法を学ぶ。ケースとして、「温暖化対策の因果関係」と「福岡の野菜レストランの成功の因果関係」を使用。
第9回渡辺パコ■day5
【因果関係】
原因と結果のつながりでものごとを理解する方法を学ぶ。ケースとして、「温暖化対策の因果関係」と「福岡の野菜レストランの成功の因果関係」を使用。
第10回渡辺パコ■day6
【因果関係】
【構造化されたメッセージ】
前半は因果関係の続き。「イースター島の興亡」の因果関係を書く。後半は構造化されたメッセージを書く。「デザインスクールへの応募メッセージ」。
第11回渡辺パコ■day6
【因果関係】
【構造化されたメッセージ】
前半は因果関係の続き。「イースター島の興亡」の因果関係を書く。後半は構造化されたメッセージを書く。「デザインスクールへの応募メッセージ」。
第12回渡辺パコ■day7
【構造化されたメッセージ】
前半は「デザインスクールへの応募メッセージ」を完成させる。後半は、最終レポート「補将来の自分」を書くための準備。
第13回渡辺パコ■day7
【構造化されたメッセージ】
前半は「デザインスクールへの応募メッセージ」を完成させる。後半は、最終レポート「補将来の自分」を書くための準備。
第14回渡辺パコ■day8
【プレゼンテ-ション】
「将来の自分」の発表。クラス全体のまとめ。
第15回渡辺パコ■day8
【プレゼンテ-ション】
「将来の自分」の発表。クラス全体のまとめ。
第16回渡辺パコ 「将来の自分」の発表。クラス全体のまとめ。
授業形式 講義と演習、発表
成績評価方法・基準 各回の提出物 60%
最終レポート 40%
テキスト(教科書) 指定教科書:「はじめてのロジカルシンキング」(かんき出版 1365円) を必ず用意すること。
文具:付箋紙(PostItなど。おおむね名刺半分~名刺サイズ程度のもの)を毎回用意すること。
テキストISBN番号 ISBN-10: 4761265469
期末試験の内容(提出方法・実施日) 講義中の提出物と最終回のレポート
※再提出・試験・追試験などは実施しない。
履修条件および学生へのメッセージ VTR、雑誌資料など、実践的な教材を多用して、演習を中心に実践的に学ぶ。オーラルコミュニケーション・ディスカッションを重視し、確実に伝える力を付ける。演習題材は、変更になる場合がある。
毎回提出物があるが、授業中に指示のある課題に取り組めば、原則的に完結できる内容になっている。出席して提出物を確実に出せば、単位取得は難しくない。
予習の指示がある。

◆重要◆ …履修者は必ず確認して下さい。
この講義は、2Qと3Qに授業がある通年科目です。
授業開始日は、2Qの【6月10日】を予定しています。
新3年生以上(2014年度入学までの学生)は、この科目を申請画面の【2Qの欄より】申請できます。
ただし、履修が確定した場合、後期3Qの授業も自動的に履修登録されますのでご注意ください。
授業用E-mail pc@pcx.cx