デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】社会人基礎力
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 通年 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択 必修


学習目標(到達目標) 大学生としての学習方法を理解し、基礎的なスキルを身につけることにより自学力を磨く。  デジタルハリウッド大学において、目標をもって勉学に従事し、大学生活の充実を図る。
授業概要(教育目的) 将来社会人として活躍するために必要な下記に列記された基礎的能力を習得し、他の教科の学習効果と学びの質の向上を目指す。

・礼節 business manner/courtesy
・情報収集力  research skill
・傾聴力 listening skill/note taking skill
・発表力 presentation skill
・文章表現力 writing/reporting skill
・企画力 planning skill
・論理的思考力 logical thinking
・チームマネージメント力 team managent skill/group work management
・時事、トレンドに対する知識とセンス keen sense and knowledge of trend
・継続力 ability to continue
・挑戦する力 ability to challenge
 上記、”デジハリ生 11の基礎能力"。

特に「礼節」「レポート」「プレゼンテーション」を重点的に向上を目指す。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) ・礼節 business manner/courtesy
・情報収集力  research skill
・傾聴力 listening skill/note taking skill
・発表力 presentation skill
・文章表現力 writing/reporting skill
・企画力 planning skill
・論理的思考力 logical thinking
・チームマネージメント力 team managent skill/group work management
・時事、トレンドに対する知識とセンス keen sense and knowledge of trend
・継続力 ability to continue
・挑戦する力 ability to challenge
授業計画表
社会人基礎力  
担当教員各回タイトル内容
第1回●楜澤 美和オリエンテーション
4月24日(水)
授業内容と進行について、教員の紹介
このクラスの意義、社会人基礎力とは何か
このクラスのルール                  
     (セルフデベロップメント科目のMAPの説明と
社会人基礎力の位置づけについての説明)
第2回●楜澤 美和礼節について①
5月1日(水)
礼節の意味、気遣い
基本的な立ち振る舞い

スターディスキル:高校と大学の違い・ノートテイキング
第3回●楜澤 美和礼節について②
5月8日(水)
社会人・講師との接し方
メールマナー
ソーシャルメディアのマナー
レポートのマナー

スタディスキル:テキストの読み方
第4回●楜澤 美和レポートの書き方
5月15日(水)
スタディスキル:レポートの書き方
第5回●楜澤 美和グループワークの進め方
5月22日(水)
グループワークの進め方
第6回●楜澤 美和傾聴力
5月29日(水)
聴く姿勢・聴く力
第7回●楜澤 美和質問力
6月5日(水)
質問する力
第8回●楜澤 美和情報収集力①
6月12日(水)
情報収集手法
第9回●楜澤 美和情報収集力②
6月19日(水)
情報収集実践(レポート)
第10回●楜澤 美和半期の振り返り
6月26日(水)
主に礼節を中心に
半期のレビュー
第11回●楜澤 美和問題発見解決力
7月3日(水)
問題を発見する力・解決する力
グループで行動
第12回●楜澤 美和プレゼンテーション①
7月10日(水)
プレゼンテーション基礎
第13回●楜澤 美和プレゼンテーション②
7月17日(水)
プレゼンテーション演習①
(声の大きさ、プレゼンマナー)
第14回●楜澤 美和プレゼンテーション③
7月24日(水)
プレゼンテーション演習②
(内容発表・問題発見解決力のテーマで)
第15回●楜澤 美和プレゼンテーション③
7月31日(水)
プレゼンテーション演習②
(内容発表・続き)
第16回●楜澤 美和10月1日(水)前期の内容の振り返り
第17回●楜澤 美和1年の総仕上げ
10月8日(水)
1年の総仕上げファイルをまとめる
第18回●楜澤 美和論文
10月15日(水)
論文
第19回●楜澤 美和発表1
10月22日(水)
1年のまとめ 発表
第20回●楜澤 美和発表2
社会人基礎力のまとめ
10月29日(水)
1年のまとめ 発表 続き
社会人基礎力まとめ授業
第21回●楜澤 美和  
第22回●楜澤 美和  
第23回●楜澤 美和  
第24回●楜澤 美和  
第25回●楜澤 美和  
第26回●楜澤 美和  
第27回●楜澤 美和  
第28回●楜澤 美和  
第29回●楜澤 美和  
第30回●楜澤 美和  
授業形式 グループワークを取り入れて、
コミュニケーション能力の強化、チームワーク等を身に着ける
実践的な授業。
毎回、宿題である新聞記事をグループで共有し、
数名が全体の前で発表を行う。
その後に、回ごとのテーマを行う。
※回によってはイレギュラーの進め方をする場合もある。
成績評価方法・基準 出席が全体の7割に満たない場合は、評価せず、不可とする。
評価内訳は、レポート33%、プレゼンテーション34%、ホームルーム
33%とする。別途、クラスへの貢献度をプラス評価する。
授業態度や各種ワークに対しての参加態度、貢献度は通常社会にお
ける重要な要素となるため、クラスやチームの調和を乱す行動等は
減点対象とする。
また同様の観点から毎回出席は厳守。やむを得ず欠席をする場合は、
事前に連絡をすること。

テキスト(教科書) 教科書:「大学生 学びのハンドブック」改訂版
A5判/128ページ/2色刷/
出版社:世界思想社
テキストISBN番号 978-4790715405
参考文献 新聞、ビジネス誌、ウェブのニュースページなど
履修条件および学生へのメッセージ 第1回目のオリエンテーション授業に社会人基礎力授業の位置づけや目的を説明する。
毎回自筆によるフィードバックシートに感想をまとめて提出する。これをもって出席とする。