デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】アクティブラーニング【G1】
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 通年 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 本コースは、大学開始後、オリエンテーション期間中に、特別クラスとして実施される。この特徴をいかし、まずは大学に入った目的意識を明確にし、在学中に何をしたいのかという目標設定を行う。また、社会人になってからどういった職業につき、どういうキャリアプランをたてていきたいのか、といった卒業後の人生設計もあわせて行っていく。これらの目標を明確にすることによって、在学中の学業に力を入れていく機運作りを進める。かつ、クラスメートとディスカッションを行い、知見を高め合う「相互成長」の技法を学び、在学中のあらゆる授業で活用できる受講スタイルを学ぶ。また、後期は、さらにキャリア形成のために、学内の授業にとどまらず、課外活動等を通した、就職時に高い評価を受けられるような「実績作り」を、クラス内課題を通して実施。後期授業へのモチベーションを高め、2年時、3年時への流れを作っていく。
授業概要(教育目的) 変革の時代において必要なのは、既存の知識、状態に縛られずに、常に上を目指し、「進化」し続ける力。本コースにおいては、生涯に渡って使い続けることができる、「成長の技術」を指導する。大学内で役立つ「クラス受講の方法」から、学外での活動を通しての「キャリア形成の方法」、ひいては卒業後、社会に出てから役立つ「ビジネス力」にもつながる、いわゆる「人間力(=社会人基礎力)」の習得を目指す。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

 ●アクティブラーニング,

  学ぶ技術、自己成長力、相互成長、能動性喚起、モチベーション向上、

記述表現方法(クラス内エバリュエーションシート記載を通じて)

 ●キャリアアップ支援

  就業力、社会人基礎力、コミュニケーション力

 ●ビジネス基礎力

  発想力、目標達成力、チームワーク力 

 ●グローバル人材力

  コミュニケーション力、思考力、行動力、チームワーク力



2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

<コミュニケーション力>

【前期】

▼授業内ペア発話 

   ⇒授業時に、講師からふられるワークに対して、ペアで間断なく、
    会話のキャッチボールができる。

【後期】

 ▼授業内プロジェクト内発話

  ⇒授業時に、講師から与えられたプロジェクト上にて、グループメンバー同士で、
   発展的な会話のキャッチボールができる。



<キャリアアップ>

【前期】

 ▼大学の勉強が、将来につながることを理解できる

  ⇒大学の授業を休まず出る

 ⇒組織的活動への能動的参加(クラブ、アルバイトなど)

【後期】

 ▼小さな実績を残せる

  ⇒大学クラスの延長上での作品制作を実施

  ⇒希望業界へのインターンなどへの積極参加

  ⇒バイト、サークルでの問題解決



<傾聴力&発信力>

【前期】

 ▼講師発言中は黙って聞ける

【後期】

 ▼グループ内で、活発に発言できる



<社会人基礎力>

【前期】

 ▼自身の社会人基礎力の強み、弱みを理解することが出来る

【後期】

 ▼伸ばしたい基礎力を意識し、強化するための具体的な行動に繋げられる



<目標達成力>

【前期】

 ▼自ら進んで目標を立てることが出来る

【後期】

 ▼与えられた課題に対し、チームワークを通して目標達成ができる



<チームワーク力>

【前期】

 ▼グループの中で自ら話をすることが出来る

【後期】

 ▼プロジェクトの中で、与えられた役割を実行できる

  役割例:ディレクター、企画、WEB制作、営業など



<グローバルコミュニケーション>

【前期】

 ▼留学生(留学生の場合は非留学生)に対して自ら話しかけることが出来る



【後期】

 ▼留学生(留学生の場合は非留学生に対して)と共同でプロジェクトを達成できる



<発想力>

【前期】

 ▼思考で、既存案から新規案が出せる。



【後期】

 ▼プロジェクト上で、複数の人数で、発想立案が出来る。



<ES記載>

【前期】

 ▼ESを毎クラスで書くことが出来る

【後期】

 ▼相手が理解できるESを書くことが出来る

  例:「クラスわかんない」⇒「前半の●●というキーワードが分かりにくかった」
授業計画表
アクティブラーニング【G1】  
担当教員内容
第1回羽根拓也
第2回羽根拓也
第3回羽根拓也
第4回羽根拓也
第5回羽根拓也
第6回羽根拓也
第7回羽根拓也
第8回羽根拓也
第9回羽根拓也
第10回羽根拓也
第11回羽根拓也
第12回羽根拓也
第13回羽根拓也
第14回羽根拓也
第15回羽根拓也
授業形式 この授業は、4月に5日間、9月に5日間の計10日間の集中講義です。
本クラスは、ワークショップ中心のスタイルである。全受講者が、ペアワーク、グループワークを繰り返しながら、自身の考えを提示したり、チームで意見をまとめたりする。社会人になって求められるこうしたコミュニケーションの資質の育成が、このクラスの目的であるため、毎回のクラスにおいて、能動的な参加スタイルが求められる。発言を拒絶したり、グループ内での活動に参加意欲が認められない場合は、単位認定を行えない場合がある。
成績評価方法・基準 成績は以下のパーセンテージで評価する。

----------------------------

●「平常点 30%」
授業態度、ES提出を評価する。

●「授業内課題 40%」
授業内で出される課題の提出、並びにその内容で評価する。
-前期:VINE動画撮影課題
-後期:地域プロデュース課題

●「前期課題 10%」
前期の授業後に出される課題、並びにその内容で評価する。

●「後期読書課題 20%」
本クラスは回数が少ないため、授業内容をカバーする指定教科書の読書、並びにレポート提出を重要視している。後期の課題として読書感想文を提出してもらう予定。

----------------------------
テキスト(教科書) <教科書>

●「アクティブラーニング・学ぶ技術」サンマーク出版 羽根拓也 \1,365 

ISBN-10: 4534038259 / ISBN-13: 978-4534038258

テキストISBN番号 <教科書>

●「アクティブラーニング・学ぶ技術」サンマーク出版 羽根拓也 \1,365 

ISBN-10: 4534038259 / ISBN-13: 978-4534038258



●「ジコピー道場」日本実業出版 羽根拓也&ジコピー委員会  \1,365

ISBN-10: 4763195581 / ISBN-13: 978-4763195586

参考文献 ●「仕事ができる人の実践思考術」日経BP社  \880 

 ISBN-10: 482222290X / ISBN-13: 978-4822222901
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  課題提出 

・試験内容  上記に準ずる

・提出方法  デジキャンに提出

・持込の可否 上記に準ずる

・実施日   集中講義終了後に提出(期限はクラス内で発表)

・追試験の実施  課題の再提出有  

・再試験の実施  課題の再提出有