デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【再履修】日本語ⅢS
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 2限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 富田美知子教員
非常勤講師田所直子教員

学習目標(到達目標) 留学生が日本の大学で学ぶ上で必要とされる日本の「地理・社会」、「経済・産業」「歴史・文化」についての基礎知識を身につける。

言語的知識や社会的知識を増やすことにより、日本語力を高める。

授業概要(教育目的) 新聞などの読解、ビデオなどの視聴を通して、語彙や表現を増やすと共に、日本の社会・地理、経済・産業、歴史・文化に関する基本的知識を身につけさせる。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1.この授業を通じて習得するキーワード

日本/文化/社会/地理/経済/産業/歴史/文化/伝統


2.この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

日本についての知識(概要程度)
授業計画表
日本語ⅢSA  
担当教員内容
第1回富田美知子1.日本の地理① 日本の地形
第2回富田美知子2.日本の地理② 日本の地域区分と特色
第3回富田美知子3.日本の地理③ 東京の地理
第4回富田美知子4.日本の経済産業①産業と環境保護「公害問題」
第5回富田美知子5.日本の経済産業②人口問題、発表①「日本の地理」
第6回富田美知子6.日本の経済産業③ 新しい産業(1)
第7回富田美知子7.日本の経済産業④ 新しい産業(2)
第8回富田美知子8.日本の地理・経済産業まとめ
レポート提出
第9回富田美知子日本の歴史① 概要
第10回富田美知子日本の歴史② 古代~中古 
第11回富田美知子日本の歴史③中世から近世
第12回富田美知子日本の歴史④中世から近世
第13回富田美知子日本の歴史⑤ 近代~現代
第14回富田美知子日本の伝統文化⑥
第15回富田美知子日本の伝統文化⑦
第16回富田美知子日本の政治⑧

レポート提出
授業形式 受身の授業ではなく、自分から発信するような授業である。
また、上記の授業内容は学生の日本語能力に応じて変更することもある。
成績評価方法・基準 発表(40%)・レポート(30%)・提出物(20%)・授業参加度(10%)で評価する。
出席率が70%未満の学生については評価対象とならない。
参考文献 【参考書籍】「日本を話そう」(The Japan Times)

期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法   最終レポート提出
・レポート内容 課題「日本の歴史上の人物について」
・最終レポート提出期限 16週
・提出方法 授業内で教員に手渡しすること。
・追試験の実施 無
・再試験の実施 無

履修条件および学生へのメッセージ 【履修条件】日本語・日本文化Ⅰ・Ⅱ及び日本語Ⅰ・Ⅱの単位を修得した者。
ただし3年生以上で進級制度の要件を満たせない者は、例外として日本語Ⅰ・Ⅲ の同時履修を認める。
【教員の要望事項】出席を重視する。出席率が7割未満の学生については評価対象とならない。