デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【再履修】日本語ⅡS
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 2限
科目分類名 外国語
科目分野名 日本語
年次 1(2)
必修/選択 必修(留学生)

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 富田美知子教員

学習目標(到達目標) 日本の大学で日本人と共に学ぶために必要な日本語力を向上させていくことを学習目標とする。日本語の四技能(読解力・聴解力・文章表現力・口頭表現力)のうち、特に留学生が大学の専門のゼミなどで発表する口頭表現力を養成する。最終的に自分の関心のあるテーマについて発表するために、資料収集、調査分析、レジュメ作成、発表、討論などができるようにする。
授業概要(教育目的) この授業は、日本語の4技能(聞く・話す・読む・書く)の総合的な向上を目指すものであることはもちろんであるが、日本語Ⅱでは、主に留学生が大学において口頭発表・討論を行う力を養成する。

第一は、テキストおよびそれに関連する資料などの問題提起にたいして、調査・発表を行い、自分なりの見解をまとめ、それを口頭発表するという「発表の技術」を養う。

 第二は、口頭発表の結果に基づいて、自分の意見をレポートにまとめ直し、それを高度な日本語で表現できるようにする為の「表現技術」の育成を目指す。

授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

  日本語の口頭表現力

資料収集

  調査

  分析

  考察

レジュメ作成

口頭発表

  討論

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

  日本語能力試験1級レベルの日本語口頭表現力

授業計画表
日本語ⅡS  
内容
第1回 調査・発表の目的と進め方の説明
第2回『アンケート調査のテーマについて』/教材:「アカデミックプレゼンテーション入門」
第3回『アンケート調査のテーマ決定』/教材:「トピックによる日本語総合演習」
第4回『アンケート調査計画作成指導』/教材:「トピックによる日本語総合演習」
第5回『アンケート調査計画発表①』
第6回『アンケート調査計画発表②』
第7回『アンケートシート作成指導』/教材:「トピックによる日本語総合演習」
第8回『アンケートシート発表①』
第9回『アンケートシート発表②』
第10回『アンケート結果発表のための表現練習①』グラフの読み方/教材:「学ぼう!日本語 中上級 」
第11回『アンケート結果発表のための表現練習②』比較、分析の表現方法/教材:「学ぼう!日本語 中上級」
第12回『レポートの書き方①』/教材:「小論文への12のステップ」
第13回『最終発表①』
第14回『最終発表②』
第15回『最終発表③』
第16回『最終発表④』
授業形式 受身の授業ではなく、自分から発信するような授業である。
また上記の授業内容は、学生の日本語能力に応じて変更することもある。
成績評価方法・基準 発表(40%)・レポート(30%)・課題提出物(20%)・授業参加度(10%)で評価する。

出席率が7割未満の学生については評価対象とならない。

テキスト(教科書) 教科書 :『デジタルコンテンツを学ぶ留学生のためのカタカナ語表現練習帳』
      富田美知子監修 古今書院
  *必ず購入してください。
参考文献 参考文献:『トピックによる日本語総合演習』専修大学国際交流センター編著 スリーエーネットワーク

参考文献:『アカデミックプレゼンテーション入門』ヒルマン小林恭子他著 ひつじ書房

参考文献:『学ぼう!日本語 中上級』日本語教育教材開発委員会著 専門教育出版



 

期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  レポート提出

・試験内容  アンケート調査結果を纏めたレポート(形式は授業で説明する)

・提出方法  教員に直接提出

・持込の可否  

・実施日   3Q 最終日

・追試験の実施  無  

・再試験の実施  無

履修条件および学生へのメッセージ 【履 修 条 件】「日本語ⅠS」を履修済のもの。
【教員の要望事項】出席を重視する。出席率が7割未満の学生については評価対象とならない。