デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 閉AcademEnglish III A
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 春季集中授業として開講するAcademic English III は前期、後期を踏まえたホップ・ステップ・ジャンプの最終段階となる。本コースの設定ゴールはTOEFL iBT Total 61点(120点満点)取得とする。
授業概要(教育目的) 米国非営利教育団体ETS(Educational Testing Service)が開発・作成し、世界の教育機関で英語能力の証明・基準として採用されている英語検定テストTOEFL(Test of English as a Foreign Language)対策の直前上級コース(春季集中:2015年2月16日~3月6日)。TOEFLでは英語圏の大学における学習プロセスで必要とされる英語の4技能すべての運用能力が測定される。本コースは、TOEFL iBT本試験での目標スコア獲得に向けた1年間の総仕上げを目的とする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) TOEFL/リーディング/リスニング/スピーキング/ライティング
授業計画表
Academic English III A  
内容
第1回[Week 1] Day 1: TOEFL iBT問題演習
第2回[Week 1] Day 2: TOEFL iBT問題演習
第3回[Week 1] Day 3: TOEFL iBT問題演習
第4回[Week 1] Day 4: TOEFL iBT問題演習
第5回[Week 1] Day 5: TOEFL iBT問題演習
第6回[Week 2] Day 6: TOEFL iBT問題演習
第7回[Week 2] Day 7: TOEFL iBT問題演習
第8回[Week 2] Day 8: TOEFL iBT問題演習
第9回[Week 2] Day 9: TOEFL iBT問題演習
第10回[Week 2] Day 10: TOEFL iBT問題演習
第11回[Week 3] Day 11: TOEFL iBT問題演習
第12回[Week 3] Day 12: TOEFL iBT問題演習
第13回[Week 3] Day 13: TOEFL iBT問題演習
第14回[Week 3] Day 14: TOEFL iBT問題演習
第15回[Week 3] Day 15: TOEFL iBT問題演習
授業形式 アクティブラーニングを応用し、ペアワーク、グループワークを積極的に取り入れ、双方向的な学びの空間を創り出していく。
成績評価方法・基準 平常点: 50%
復習小テスト: 20%
TOEFL iBT本試験: 30% 【重要】TOEFL iBT本試験(受験料:225米ドル)を3月15日(日)(予定)までに受験のこと(授業開始後、別途指示する)
テキスト(教科書) (Sharpening Skills for the TOEFL iBT Four Practice Tests Book 1. Compass Publishing. ※後期Academic English II A からの継続使用)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 実施しない。TOEFL iBT本試験をもって期末試験に代える。
履修条件および学生へのメッセージ 2014年度後期「Academic English II A」の履修者のみ本科目を履修可
対象学年: 1年(春季集中のみ)
教員連絡先: (土田)tsuchida@dhw.ac.jp