デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 閉AcademEngⅡGrammar A
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 専門留学のための申請手続き開始(2015年4月)までの1年間という限られた期間で目標となるスコアを達成すべく、後期開講のAcademic English II をホップ・ステップ・ジャンプの第2段階と位置づける。今学期の設定ゴールはTOEFL iBT Total 56点(120点満点)取得とする。
授業概要(教育目的) 米国非営利教育団体ETS(Educational Testing Service)が開発・作成し、世界の教育機関で英語能力の証明・基準として採用されている英語検定テストTOEFL(Test of English as a Foreign Language)対策の英文法中級コース。TOEFLでは英語圏の大学における学習プロセス、すなわち授業前の予習(Reading)、教員による講義(Listening)、教員・学生間の討議(Speaking)、小論文の課題・試験(Writing)で必要とされる英語の4技能すべての運用能力が測定される。本コースでは、アカデミックな場面で不可欠な正確な理解・伝達能力の基礎となる、実践的な文法的知識および語彙力を身につけるべく学習を進めていく。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) TOEFL/英文法/英作文/英単語力/学術的な英語
授業計画表
Academic English II Grammar A  
担当教員内容
第1回土田武宏関係詞1
第2回土田武宏関係詞2、キクタンBasic Days 50-52
第3回土田武宏比較1、キクタンBasic Days 53-56
第4回土田武宏比較2、キクタンBasic Days 57-59
第5回土田武宏仮定法1、キクタンBasic Days 60-63
第6回土田武宏仮定法2、キクタンBasic Days 64-66
第7回土田武宏接続詞1、キクタンBasic Days 67-70
第8回土田武宏接続詞2、キクタンAdvanced Week 1
第9回土田武宏前置詞1、キクタンAdvanced Week 2
第10回土田武宏前置詞2、キクタンAdvanced Week 3
第11回土田武宏無生物主語、キクタンAdvanced Week 4
第12回土田武宏名詞と冠詞1、キクタンAdvanced Week 5
第13回土田武宏名詞と冠詞2、キクタンAdvanced Week 6
第14回土田武宏精読、キクタンAdvanced Week 7
第15回土田武宏復習、キクタンAdvanced Week 8
授業形式 アクティブラーニングを応用し、ペアワーク、グループワークを積極的に取り入れ、双方向的な学びの空間を創り出していく。
成績評価方法・基準 平常点: 50%
復習小テスト: 20%
TOEFL iBT本試験: 30% 【重要】TOEFL iBT本試験(受験料:225米ドル)を1月25日(日)(予定)までに受験のこと(授業開始後、別途指示する)
テキスト(教科書) 『キクタンAdvanced 6000』 一杉武史(編著). アルク. ★要購入

(『マーフィーのケンブリッジ英文法(中級編)[新訂版]』 Raymond Murphy. Cambridge University Press. 『キクタンBasic 4000』 一杉武史(編著). アルク. ※この2冊は前期Academic English I A からの継続使用)
テキストISBN番号 ISBN978-4-7574-2207-0
期末試験の内容(提出方法・実施日) 実施しない。TOEFL iBT本試験をもって期末試験に代える。
履修条件および学生へのメッセージ 本学よりAcademic Englishレベル「A」の判定を受けている者のみ履修可
なお、本科目を履修する場合にはAcademic English II A 5科目(Reading、Listening、Speaking、Writing、Grammar)を全て履修のこと
対象学年: 1年(後期のみ)
教員連絡先: tsuchida@dhw.ac.jp