デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 閉AcademEngI GrammarB
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 英文法の効率的修得
英文を簡単に理解する方法の修得
授業概要(教育目的) 楽しい物語を読みながら英文法を身につけてしまおう。
英文の主語と動詞だけは判別できるようにしよう。

ご質問がある場合には、電話にてお問い合わせください 090-5823-2816
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 基本英語構文の理解と判読
授業計画表
Academic English I Grammar B  
担当教員内容
第1回大石健太郎英文の構造
第2回大石健太郎名詞
第3回大石健太郎代名詞
第4回大石健太郎形容詞と冠詞
第5回大石健太郎副詞
第6回大石健太郎前置詞
第7回大石健太郎接続詞
第8回大石健太郎関係代名詞と関係副詞
第9回大石健太郎動詞: 自動詞と他動詞
第10回大石健太郎動詞: 現在分詞と過去分詞
第11回大石健太郎動詞: 不定詞と仮定法
第12回大石健太郎助動詞
第13回大石健太郎
第14回大石健太郎
第15回大石健太郎期末試験、総合的考察
授業形式 例文の文法的解釈と理解
教師と生徒間の自由なやりとりにより授業を進行
成績評価方法・基準 平常点 40%
予習・復習の徹底 50%
課題・試験 10%
テキスト(教科書) What a Story! 南雲堂 ★要購入
文法書はコピーを配布
テキストISBN番号 ISBN978-4-523-17432-6
期末試験の内容(提出方法・実施日) 英文和訳および英文法理解度
ノート、辞書持込可
授業(Week 15)内で実施
履修条件および学生へのメッセージ 本学よりAcademic Englishレベル「B」の判定を受けている者のみ履修可
出席率80%以上のこと
配布資料および辞書を必ず持参のこと
教科書の単語を必ず調べて授業に出席のこと