デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】Core EnglishⅢ E
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 本コースの学習目標は次の通りである:
1. 英語の基本語彙を習得する
2. 英語で身近なことや自分のことに関する簡単な対話を行う
3. グローバルな社会の市民としての自覚を育む
授業概要(教育目的) 英語の基本語彙、基礎英文法、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの総合的な学習により、英語運用能力の土台作りを行う。数多くの基礎演習を通じて、英語に親しみながら情報や考えなどを的確に理解・伝達する基本的なコミュニケーション能力を養いつつ、次のステップへとつながる確かなスキルを身に付けていく。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 初級英会話
英語の基本
グローバルな市民性
授業計画表
 
内容
第1回[Unit 1] 現在形、現在進行形、代名詞、習慣的な/進行中の行為、好き嫌い
第2回[Unit 2] 過去形(規則変化、不規則変化)、過去進行形、不運な出来事
第3回[Unit 3] 未来(Going to, Will)、未来進行形、代名詞所有格、将来の計画、電話
第4回[Unit 3] 続き
第5回[Unit 4] 現在完了、起こった/まだ起こっていない行為、推薦、やることリスト
第6回[Unit 4] 続き
第7回[Unit 5] 現在完了、現在、過去、Since/For、行為の期間、医学的問題
第8回[Unit 6] 現在完了進行形、行動の期間、修理の依頼、仕事の完了
第9回[Unit 7] 動名詞、不定詞、娯楽、嫌いなこと、習慣、才能と技能
第10回[Unit 7] 続き
第11回[Unit 8] 過去完了、過去完了進行形、イベントの準備、遅刻の影響、感情
第12回[Unit 9] 句動詞、物事がいつ起こるか、記憶と忘却、義務、アドバイス
第13回[Unit 9] 続き
第14回[Unit 10] 接続詞、偶然の一致、理由説明、人々の経歴・興味・性格、求職
第15回期末試験、総まとめ
授業形式 ペアワークおよびグループワークを積極的に取り入れ、双方向的な授業を行う。

成績評価方法・基準 授業参加態度: 50%
復習小テスト: 15%
期末試験: 35%
テキスト(教科書) Side by Side, Student Book 3 with Audio Highlights (3rd edition). Pearson Longman.
テキストISBN番号 978-0131841796
期末試験の内容(提出方法・実施日) テキストの内容に基づく英会話の面接試験を通常授業内で実施する。
履修条件および学生へのメッセージ 本学よりCore Englishレベル「E」の判定を受けている者のみ履修可
参考E-mail 1 tsuchida@dhw.ac.jp