デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 日本語文章表現【合】【課】
(副題) 【新旧合同】【事前課題】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 1限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 品田英雄教員

学習目標(到達目標) 言葉の表現力、コミュニケーション力を上げることをめざします。
①分かりやすく、間違えのない文章が書ける。
②読者、メディアによって文章を書き分けることができる。
③文章表現力アップのための訓練法を習得する。。
授業概要(教育目的) ・分かりやすく、人を動かせる日本語の文章表現力を身につけます。同時に、自分が成長していくノウハウを習得します。
・毎回、400〜800字の作文を書いてもらいます。お互いに読み合うこともします。
・自分を表現することを楽しめるようにしたいと思っています。
・文章表現を通して、就職活動や創作活動に活かせることを念頭に置いています。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) ・クリエイティブ・ライティング 初級
・テクニカル・ライティング 初級
・インタビュー力 初級
・自己アピール力 初級
・プレゼンテーション力 初級
授業計画表
日本語文章表現  
担当教員内容
第1回品田英雄自己紹介文を書く①
第2回品田英雄自己紹介文を書く②(就職を意識する)
第3回品田英雄説明文を書く
第4回品田英雄ニュース原稿を書く
第5回品田英雄小咄を書く
第6回品田英雄漫画原作を書く
第7回品田英雄三大噺を書く
第8回品田英雄まとめの課題①
第9回品田英雄文の構造を理解する
第10回品田英雄文体の統一を意識する
第11回品田英雄情報の集め方を覚える
第12回品田英雄企画の立て方を学ぶ
第13回品田英雄助詞の使い方に注意する
第14回品田英雄ミスマッチに注意する
第15回品田英雄まとめの課題②
授業形式 講義、クイズ、作文、発表を組み合わせた授業。
授業毎にクイズを実施、知識を確認する。また課題の作文(400~800文字)を書く。
ペアワーク、グループワークを通して、クラスメートからも学ぶ。
学生の前で発表することでプレゼンテーションの経験を積む。
成績評価方法・基準 毎回の課題(提出)、および授業への関与の程度  80%
まとめの課題(提出) 20%
テキスト(教科書) なし
参考文献 「新しい文章力の教室」(唐木元/インプレス)
「ヒットを読む」(品田英雄/日経文庫)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【中間】6/5(月)実施>テーマに沿って文章を書く。

【最終】事前に提示したテーマで文章を書いてもらいます。
履修条件および学生へのメッセージ 【事前課題】
読者を意識して、わかりやすくておもしろい文章を書くためのクラスです。そのために日本語の基礎的な能力を持っていることが必要となります。確認するために「2016年春、私が気になること」というテーマで400字程度の文章を書いてください。その作文を読んで、履修の可否を判断します。

ほかの人と関わることが多い授業です。コミュニケーションを楽しみながら学んでください。