デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 マクロ経済学
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 6限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
客員准教授◎ 伊藤信雄教員

学習目標(到達目標) ①ニュースなどを見聞きして景気の良し悪しや金利、日本の財政など経済の話題に関心をもてるようになること。②金利が上がる(下がる)とどうなるか、為替レートが上がる(下がる)とどうなるかなどの動きについて自分なりに仕組みを想像できるようになること。③身の周りの経済活動を経済学的な視点から捉えるヒントを得ること。
授業概要(教育目的) ①マクロ経済の基礎を学ぶことで、自分なりに身の回りの経済に関するトピックスやおカネについて考えるクセをつける、手がかりを見つけられるようにすること。②日本経済の厳しい現実とこれからの可能性を知ることで、職業意識や経済社会を客観的に見る視線を醸成すること。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

・希少性、トレードオフ、機会費用、インセンティブ

・交易、社会的分業、市場、価格の調整機能、市場の失敗

・GDP、経済循環、三面等価の原則

・貨幣の役割

・有効需要の原理

・政府の財政政策

・日本銀行の役割と金融政策

・IS-LM分析



2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

・経済学的なものの見方 : 初級

・マクロ経済の基本的な見方 : 初級

・論理的な思考力 : 初級

授業計画表
マクロ経済学  
担当教員各回タイトル内容
第1回伊藤信雄経済って何だろう?講義概要、身の周りの経済現象、国全体の経済の循環
第2回伊藤信雄日本の経済Ⅰ日本経済の構造
第3回伊藤信雄日本の経済Ⅱ戦後の日本経済のあゆみ
第4回伊藤信雄世界経済の特徴経済規模の比較、1人当たりの豊かさ、貿易、資源問題
第5回伊藤信雄経済学の考え方資源配分、トレードオフ、機会コスト、インセンティブ、社会的分業、価格昨日、市場の失敗
第6回伊藤信雄家計と企業の行動家計の行動、企業の行動、需要と供給、市場経済と経済厚生
第7回伊藤信雄マクロ経済の見方マクロ経済とは、景気循環、マクロ経済学とミクロ経済学、大恐慌、スタグフレーション
第8回伊藤信雄GDPと総需要の決定GDPの特徴と限界、生産面・分配面・支出面GDP、三面等価
第9回伊藤信雄有効需要の原理家計の消費関数、企業の投資関数、公共投資、乗数効果、45度線分析
第10回伊藤信雄財政と社会保障日本の財政、財政政策の役割、社会保障の現状と問題点
第11回伊藤信雄企業金融の基礎企業価値、投資の決定、資金調達の決定、配当と還元の決定、日本における企業金融の特徴
第12回伊藤信雄金融市場と金融政策金融市場と金融政策:貨幣とは、金融市場のしくみ、日本銀行と金融政策
第13回伊藤信雄IS-LM分析と政策効果IS-LM分析、財政金融政策の限界、物価と失業率の関係
第14回伊藤信雄労働市場経済全体と労働市場、失業の種類と要因、雇用対策、AD‐AS分析、フィリップス曲線
第15回伊藤信雄経済成長と国際経済経済成長とは?潜在成長率、成長の要因、国際貿易と国際金融、為替レート、国際収支
第16回伊藤信雄期末試験期末試験
授業形式 講義を主体とした授業。
成績評価方法・基準 出席率70%以上を評価対象とする。

成績評価の配分は、中間課題50%、最終課題50%とする。
参考文献 『はじめての経済学』(上)(下)伊藤元重(日経文庫)

『初めて学ぶ人のための経済入門』松村・玉井編(培風館)

『ポケット図解 マクロ経済学がよ~くわかる本』小笠原誠治(秀和システム)

『ゼミナール日本経済入門』三橋・内田・池田編(日本経済新聞社)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 前半8回目までの講義内容について中間課題を出す予定。

後半9回~15回までの講義内容について最終課題を出す予定。

中間課題、最終課題についての詳細は、講義中やデジキャンにて告知する。
履修条件および学生へのメッセージ シラバスの内容は、経済情勢の変化や学生の理解度を考慮して変更される場合がある。