デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 経営学概論
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 5限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 青木良三教員

学習目標(到達目標) ・経営学の基礎知識を使って、企業行動を理解でき、簡単な解説がてきる。
・企業活動に関する日本経済新聞の記事やテレビニュースを見た際に、何が起きているのか、その意味を理解できる。
・世の中のトレンドから初歩的なビジネスプランを発想できる。
授業概要(教育目的) ・経営学の基本的な知識の修得。経営学を構成する経営戦略論と経営組織論を中心に主要学説を解説する。
・事例をできるだけ多く紹介することによって、実際のビジネス界の出来事に対する理解を深める。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) ・経営学検定試験初級から中級程度。

1. この授業を通じて習得するキーワード
 企業経営の仕組み
ⅰ.経営戦略
競争戦略 コストリーダーシップ戦略、差別化戦略
企業戦略 多角化戦略
戦略策定 SWOT分析、5つの競争要因

ⅱ.経営組織
職能別組織
事業部制組織

ⅲ.人的資源管理
モチベーション理論
インセンティブシステム
リーダーシップ理論

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
 戦略的思考力  初級
 企画立案力   初級
 問題発見能力  初級
授業計画表
経営学概論  
担当教員各回タイトル内容
第1回青木良三企業経営の仕組み企業経営の仕組みを戦略、組織、人を動かすの観点から解説します。
第2回青木良三競争戦略Ⅰ(コストリーダーシップ戦略)コストリーダーシップ戦略のケーススタディとして日本マクドナルド取り上げます。
第3回青木良三競争戦略Ⅱ(コストリーダーシップ戦略)コストリーダーシップ戦略の理論的な解説をします。
第4回青木良三競争戦略Ⅲ(差別化戦略)差別化戦略のケーススタディとしてモスフードサービスを取り上げます。
第5回青木良三競争戦略Ⅳ(差別化戦略)差別化戦略の理論的な解説をします。
第6回青木良三企業戦略Ⅰアンゾフの製品ー市場マトリックスを中心に企業(成長)戦略の理論的な解説をします。
第7回青木良三企業戦略Ⅱ多角化戦略のケーススタディとしてキヤノンを取り上げます。理論的な解説もします。
第8回青木良三戦略策定SWOT分析を行って戦略を策定します。ケーススタディとしてユニクロのファーストリテイリングを取り上げます。
第9回青木良三企業組織Ⅰ代表的な経営組織形態である職能別組織と事業部制組織を解説します。
第10回青木良三企業組織Ⅱケーススタディとしてパナソニックなどを取り上げます。
第11回青木良三モチベーション理論モチベーション理論の二大潮流である内容論と過程論を解説します。さらに、期待理論などいくつかの理論を解説します。
第12回青木良三インセンティブ・システム
やる気を引き出すインセンティブ・システム
の理論的な解説をします。
第13回青木良三リーダーシップ論Ⅰリーダーの役割などについて解説します。
第14回青木良三リーダーシップ論Ⅱリーダーシップ・スタイルについて解説します。
第15回青木良三リーダーシップ論Ⅲ明治時代の陸軍の雪中行軍遭難事件をケーススタディとして取り上げ、どのようなリーダーシップ・スタイルが望ましいか解説します
授業形式 ・講義主体ですが、授業中にどんどん質問をしていきますので、答えて下さい。
・企業行動に関する新聞記事やニュースをチェックしておくように。
成績評価方法・基準 ・期末試験 100 %
 ずっとレポート試験をしてきましたが、期末に試験をします。授業で習った経営学の用語を使って解答して貰います。しっかり勉強しないと単位の修得はむずかしいと思われます。


・ただし、授業中の発言により加点(発言する学生を高く評価)しますので、授業に積極的に参加してくれる学生には簡単に単位を修得できる授業です。
テキスト(教科書) なし
参考文献 ・『1からの経営学』加護野忠男、吉村典久著、2012年第2版、碩学舎
・『経営学検定試験公式テキスト〈2〉マネジメント―中級受験用』、中央経済社、2015年第3版
・『ゼミナール経営学入門 』伊丹敬之、加護野忠男著、2003年第3版、日本経済新聞社
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・期末定期試験
・試験の方法 筆記試験 
・受験条件 規定の出席回数を満たすこと。
・試験実施日 試験の時間割を確認のこと。 
・内容 授業で説明。経営戦略、モチベーション、リーダーシップについて、それぞれ問題が出ます。
・持ち込み 解答用のメモ(A4サイズ)一枚、表だけ記入。裏に記入してはならない。辞書の持ち込みを認めない。
・追試験の実施  有/無  有 レポート
 受験条件  出席率70%以上
 レポートの課題 「起業するとしたら、どのような事業を行い、経営戦略を立て、リーダーとしてメンバーのやる気を引き出すか、できるだけ詳しく書きなさい。」筆記試験よりも詳しい内容のレポートを書くことを期待しています。
・再試験の実施  有/無  無
履修条件および学生へのメッセージ ・授業中に積極的に発言できる学生に履修して貰いたい。
・これまでこの授業はレポート試験をしてきましたが、期末に定期試験を行っています。いままでより単位修得がむずかしくなると思われますので、経営学をしっかり学習したい学生の履修をお願いします。