デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 リサーチ&プランニング【合】
(副題) 【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 6限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 橋本大也教員

学習目標(到達目標) 理論を学ぶだけではなく、実践レベルで評価に値する情報処理能力、企画提案能力、問題解決力を持った人材の育成を目指す。
授業概要(教育目的) 現代はインターネットとPCの普及により膨大な情報に誰でも自由にアクセスできるようになった。だが、集めたデータを、情報、知識、知恵へと昇華させるデジタル情報処理能力を持つ人材はまだ少ない。本講義では、デジタルデータとネットワークを活用し、リサーチ及びプランニングプロセスの知的生産性と創造性を高める方法論を講義する。個人、組織の情報処理プロセスに関する大学や研究機関の理論、企業ケースを参考にしながら、実際にビジネスの現場で実用的な情報収集、整理、活用の体系化されたメソッド、ツールの利用ノウハウを教える。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 情報検索、ソーシャルメディア、集合知、発想術、企画書、プレゼンテーション、ブレインストーミング
授業計画表
リサーチ&プランニング  
担当教員内容
第1回橋本大也インストラクション
第2回橋本大也検索の基本
第3回橋本大也検索の応用
第4回橋本大也インターネット時代のハイパー読書術
第5回橋本大也ソーシャルネットワークを知識ネットワークに変える
第6回橋本大也アイデアマラソン発想術
第7回橋本大也ブレインストーミング
第8回橋本大也論理思考
第9回橋本大也集合知
第10回橋本大也情報発信1
第11回橋本大也一枚企画書
第12回橋本大也プレゼンテーション
第13回橋本大也情報発信2
第14回橋本大也まとめと最終課題
第15回橋本大也まとめと最終課題
授業形式 講義を主体とした授業だが、ワークショップやゲスト講義を取り入れる。
成績評価方法・基準 平常点(50%)、最終レポートの内容(50%)。それ以前の回でレポート提出を課すことがあれば、それも考慮する。公欠は2回まで認める。
テキスト(教科書) 特になし
参考文献 情報力(翔泳社) 橋本大也著
期末試験の内容(提出方法・実施日) 7月22日の授業で発表する課題を作成して提出すること。
締め切りは8月7日である。


履修条件および学生へのメッセージ この授業は”情報通”で”スゴい企画書”を書ける人材を育成する内容です。