デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 IT・ビジネス基礎
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 土曜日 代表時限 3限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 愛澤伯友教員

学習目標(到達目標) ・IT、インターネットに関する「知識」の習得
・社会において、電子メールをビジネスレベルで正しく書ける能力
・メディアリテラシー力を高める
・ネットワークに関連した犯罪の予防と防止法
・さまざまな形態、規模、内容に応じた「プレゼンテーション技法」を作成、実施できる能力
授業概要(教育目的)  授業回前半は、インターネット・リテラシーについての実践的な学習。
後半では、プレゼンテーション技法の講義と、それに基づく課題と評価を実施

・インターネット、ITなどの技術的な部分の理解
・Webブラウザ、電子メールなどの正しい使い方を知る
・各種プレゼンテーション技法の学習と実施体験
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
インターネット、電子メール作法、メディアリテラシー、プレゼンテーション、Powerpoint、Keynote


2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
インターネットリテラシー&プレゼンテーション:実務レベルでのプレゼンテーション資料作成と実施
授業計画表
IT・ビジネス基礎  
担当教員内容
第1回愛澤伯友オリエンテーション
第2回愛澤伯友電子メール書法、
第3回愛澤伯友Webブラウザ用法
第4回愛澤伯友文章構造
第5回愛澤伯友視覚化
第6回愛澤伯友図式化
第7回愛澤伯友メディアリテラシー
第8回愛澤伯友プレゼンテーション技法:概説
第9回愛澤伯友プレゼンテーションの基本(規模、対照、内容etc)
第10回愛澤伯友プレゼンテーションの実施(1)
第11回愛澤伯友プレゼンテーションの実施(2)
第12回愛澤伯友プレゼンテーションの実施(3)
第13回愛澤伯友動画・音声による演出
第14回愛澤伯友プレゼンテーションの実施(4)
第15回愛澤伯友プレゼンテーションの実施(5)
授業形式 「ITリテラシー編」と「プレゼンテーション編」で構成されている

<知識>
 講義形式
<プレゼン>
 プレゼン技法に対する講義に続けて、与えられた課題に対して実践的に、個別に指導をする。(課題はすべてデジキャン上で提出)また、模擬発表の体験を通して3つの発表形態を実践的に学習。
成績評価方法・基準 確認試験(前半部):20%、課題(後半部):80%

※プレゼンテーション課題は、6題程度を出題し、そのすべてを評価対象とする。
※再提出または未提出課題の提出は、最後の回で受け付けます。
参考文献 『ひとつ上のプレゼンテーション』インプレス、眞木準、4844320807

期末試験の内容(提出方法・実施日) 【本試験】
・試験方法:提出物評価(試験実施は無し)
・提出締切:毎回の授業時に指示
・提出期限:指定時に提出

【追試験】
 ※提出方法は別途告知する
 ※正式な追試申請をした学生のみ受付。

【再試験】
 ※提出方法は別途告知する
 ※正式な再試申請(有料)を受理された学生のみ
履修条件および学生へのメッセージ  後半のプレゼンテーション技法では、毎回の課題提出が必須です。