デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】キャラクターデザイン実践原画演習
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 画力よりもアイディア、デザイン性を重視。
集団のメリットを活用しスキルUPを図る。
授業概要(教育目的) 「キャラクターデザインとは?」各キャラクターにおける役割分担の明確化。
デザイン、色彩の追及、アニメーションにおける「キーポーズ」の理解及び実習。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

「記号」によるデザインコンセプト
「キーポーズ」の重要性

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

アニメート       初級
デザインセンス     初級
観察、洞察力      上級
授業計画表
 
担当教員内容
第1回飯田史雄1.「文章作成」_主人公、ヒロイン、悪役等の人物の特徴を明確に文章化(NGワード有)
第2回飯田史雄2.「文章の図案化①」_文章の微調整及び選択。選択したキャラクター(文章)を図案化
第3回飯田史雄3.「文章の図案化②」_表情集、ポーズ集の作成
第4回飯田史雄4.「文章の図案化③」_キャラクター3面図の作成
第5回飯田史雄5.「文章の図案化④」_キャラクターの役割分担における色彩設定。課題提出
第6回飯田史雄6.「作画実習①」_演出に合わせた原画作成。基本レイアウト、タイムシートの説明
第7回飯田史雄7.「作画実習②」_質疑応答、集中作業
第8回飯田史雄8.「作画実習③」_質疑応答、集中作業
第9回飯田史雄9「作画実習④」_課題提出
第10回飯田史雄10.「キャラクター、原画強化週間①」_パースペクティブトレーニング、他
第11回飯田史雄11.「キャラクター、原画強化週間②」_質感描写、他
第12回飯田史雄12.「作画実習①」_リピート作画におけるメリットとデメリットの考察(エフェクトを含む)
第13回飯田史雄13.「作画実習②」_カメラアングル、フレームによる効果。質疑応答、集中作業
第14回飯田史雄14.「作画実習③」_質疑応答、集中作業
第15回飯田史雄15.「総括」_講義のおさらい、総合演出、課題提出
授業形式 言い訳、変更の連続では作品は完成しない。力及ばずとも〆切(提出期限)を守り完成させ達成感を養うため描き直しを認めない。抜き打ち短トレーニングを実施。
成績評価方法・基準 ※出席率7割未満の学生については、評価対象としない
※第1回目は必ず出席すること

課題70%、授業態度30%。

公欠は2回までとし、遅刻は3回で1回の欠席とする。作業中の課題及び使用機材(クロッキー帳等)の忘れは2回で1回の欠席とする。退席は欠席となる。
提出期限は必ず守ること。期限を過ぎた課題は受理されない。最終的に全課題、その他を考慮(のびしろ)し、総括する。
テキスト(教科書) 既存の作品及び講師の関わった作業原画等を使用。(既存の作品は版権に引っかからない範囲に留める。)
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  課題提出のみ 
・提出締切  最終授業日内ですべての課題を提出。
・提出方法  授業終了時に講師に提出
履修条件および学生へのメッセージ 「動画演習」「デジタル作画実践トレース演習」の単位修得者のみ履修可能とする。

再三の注意にもかかわらず明らかに他の生徒に迷惑及び悪影響を与える学生への退席を容認されたし。※A4サイズのクロッキー帳、タップ、エンピツ、消しゴムを必ず用意すること!!