デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】原画演習
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 課題を通じてドローイング・アニメーションの重要性を知り、動きを創造する力を身につける。

動き(パフォーマンス)の動機、要因に対しての洞察力を養う。
授業概要(教育目的) 動画演習の応用、発展。 アニメーションの基礎を身に付ける。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1 授業を通じて習得するキーワード



 アニメーションの基礎と表現

 制作のワークフロー



2 この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル



 アニメート(作画)力、観察・洞察力   初級
授業計画表
原画演習  
担当教員内容
第1回村田充範原画の基本と用語解説
第2回村田充範レイアウトの基礎
第3回村田充範ボールの動き1回目
第4回村田充範ボールの動き2回目
第5回村田充範旗のなびき1回目
第6回村田充範旗のなびき2回目
第7回村田充範荷の持ち上げ1回目
第8回村田充範荷の持ち上げ2回目
第9回村田充範荷の持ち上げ3回目
第10回村田充範特別授業(詳細未定)
第11回村田充範モンキージャンプ1回目
第12回村田充範モンキージャンプ2回目
第13回村田充範モンキージャンプ3回目
第14回村田充範エフェクトアニメーション1回目
第15回村田充範エフェクトアニメーション2回目
授業形式 具体例をムービーやスライドを用いて講義。

課題を完成することでアニメーション法則の理解を深める。
成績評価方法・基準 課題提出率80% レポート提出20% ※公欠は3回までとする。
(公欠届必須)
参考文献  「アニメーションの本」 「アニメーションの基礎知識大百科」 「アニメーター・サバイバルキット」

期末試験の内容(提出方法・実施日) 実技演習の為、期末試験はなし。 課題の提出をもってこれを採点する。

課題提出期限は毎回授業時間内とする。
履修条件および学生へのメッセージ 「デッサン演習」 「動画演習」の単位を習得していること。

ライトボックス、タップ、定規、筆記用具(鉛筆・消しゴム)、クロッキー帳を必ず持参すること。

課題は全てドローイングによる為、ある程度の描画力が必要です。