デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 リアルタイム3D・PRGⅡ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 土曜日 代表時限 3限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 饒平名 秀成教員

学習目標(到達目標) Unityを用いて1つのコンテンツを作成することができる。
授業概要(教育目的) Unityを用いたゲーム開発をもとに、リアルタイム3Dプログラミングにおけるベースの技術と手法を理解し、実際の3Dコンテンツ制作現場で活躍できる人材に成長するための、3Dプログラミングの基礎技術と応用能力を修得する。

ゲーム開発エンジンとしてUnityを、プログラミング言語はUnity開発でも特に使用されているC#を使用する。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
・Unityでのリアルタイムコンテンツの開発能力
・3Dグラフィクス技術の基礎の習得
・キャラクタアニメーション技術の習得
・C#プログラミング

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
・プログラミング技術        中級
・3DCG技術の知識         中級
・キャラクタアニメーション技術   中級
授業計画表
リアルタイム3Dグラフィクス・PRGⅡ  
各回タイトル内容
第1回RTSゲーム制作①経路探索の仕組みを理解し、NavMeshの基礎技術を習得する
第2回RTSゲーム制作②NavMesh上で動的に変化する障害物の仕組みを理解する
第3回RTSゲーム制作③AIシュミレーションゲーム用いてAIプログラミングの世界を体験する
第4回RTSゲーム制作④状態遷移の仕組みを理解し、AIの基礎技術を習得する
第5回RTSゲーム制作⑤Stateパターンを用いたAIの実装を習得する
第6回RTSゲーム制作⑥Singletonパターンの仕組みを理解する
第7回RTSゲーム制作⑦機能追加
第8回中間課題制作指導中間課題制作
第9回ARコンテンツ制作ARの基礎技術を習得する
第10回マルチ対戦ゲーム制作①サーバーへの接続とマッチングの仕組みについて理解する
第11回マルチ対戦ゲーム制作②ネットワーク上でのオブジェクトの同期の仕組みを理解する
第12回マルチ対戦ゲーム制作③RPCの仕組みを理解する
第13回マルチ対戦ゲーム制作④通信の遅延を考慮したプログラムの作成
第14回マルチ対戦ゲーム制作⑤機能追加
第15回最終課題指導最終課題制作
授業形式 前半:基礎技術解説(座学)

後半:各自プログラミング演習
成績評価方法・基準 平常点 40 %

課題提出 20 %

最終課題 40 %
期末試験の内容(提出方法・実施日) 最終プログラミング課題の提出

提出方法など、詳細は授業内で告知
履修条件および学生へのメッセージ Unityがインストール可能なPCを各自用意してきてください。

・履修条件
リアルタイム3Dグラフィクス・プログラミング演習Ⅰの単位を修得していること。

リアルタイム3Dグラフィクス・プログラミング演習Ⅰを修得していない者で履修を希望する場合は、別途教員と事前に相談の上、同等のプログラミング能力を有していることを証明する作品を提出し、履修登録〆切までに教員の了解を得ること。
尚、教員の確認がとれるまで履修申請ができないため、早めに相談すること。

相談先:松田龍弥 matsuda-r@dhw.ac.jp