デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 プログラミング演習Ⅱ【合】
(副題) 【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 土曜日 代表時限 3限
科目分類名 専門デジタル演習科目
科目分野名 エンジニア関連科目
年次
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 神谷貴久教員

学習目標(到達目標) ・C++言語の学習を通じてオブジェクト化プログラミングの概念を学習する
プログラミングに必要な設計能力を身に付ける。
授業概要(教育目的) C言語の上位言語であるC++言語の学習。最近の言語では当たり前となっているオブジェクト指向プログラミングという新たな作法を学習。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
C++
オブジェクト指向
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
C++言語プログラミング  初級
オブジェクト指向プログラミング  初級
授業計画表
プログラミング演習Ⅱ  
担当教員各回タイトル内容
第1回神谷貴久『イントロダクション・C言語能力の確認』本講義の目標、評価方法、ルールの説明。教科書、参考資料、参考HPの紹介。C言語復習テスト。
構造体の復習。
第2回神谷貴久『C言語の復習』
『入出力』
ポインタの復習。
Cには無かった新たなルールの学習。ヘッダ記述の違い、iostreamに関して等。
new,delete等。
第3回神谷貴久『オブジェクト指向とは』オブジェクト指向の基本的な考え方。
第4回神谷貴久『クラスとオブジェクト』簡単なクラスの作成と構造体との差を考えるオブジェクト化の基礎に触れる。
第5回神谷貴久『クラスとオブジェクト』簡単なクラスの作成と構造体との差を考えるオブジェクト化の基礎に触れる。
第6回神谷貴久『カプセル化とコンストラクタ』カプセル化とコンストラクタについて
第7回神谷貴久『クラスの継承』クラスの継承について
第8回神谷貴久『中間試験』試験
第9回神谷貴久『メンバ関数のオーバーライドと多態性』メンバ関数のオーバーライドと多態性(ポリモフィズム)
第10回神谷貴久『オブジェクトの作成と破棄』オブジェクトの作成と破棄について
第11回神谷貴久『オブジェクトの動的な作成』オブジェクトの動的な作成について
第12回神谷貴久『コピーコンストラクタとフレンド関数』コピーコンストラクタとフレンド関数について
第13回神谷貴久『演算子のオーバーロード』演算子のオーバーロードについて
第14回神谷貴久『テンプレートクラス』テンプレートクラスについて
第15回神谷貴久『STL』STLについて
授業形式 演習主体の授業。
毎回、コードを書いて、動作させる。
成績評価方法・基準 中間試験 50%
本試験  50%
※出席率70%以上
※公欠は3回までは認める
テキスト(教科書) 新・標準プログラマーズライブラリ C++ クラスと継承 完全制覇
テキストISBN番号 ISBN-10: 4774193828
ISBN-13: 978-4774193823
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【本試験】
□試験の方法 PCにて、プログラム作成問題を解答する(その場で採点)
□受験条件 なし
□試験実施日
□内容 クラスを使ったオブジェクト指向によるプログラミング
        デザインパターン応用
□持込物の制限 なし
【追試験】
 なし
【再試験】
 なし
履修条件および学生へのメッセージ プログラミング演習Ⅰを修了していることが望ましい。
修了者と同等のスキルとして、最低限でも、C言語で三目並べ程度のプログラムが作成できる力が必要。
自身で判断して申請すること。
プログラミングを職業にする覚悟のある人に受けて欲しい。
開発環境は「g++」を使用する。