デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】グラフィックデザイン演習Ⅱ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) グラフィックデザイン1で学んだグラフィックソフトを使用して各種媒体を考慮した作品制作を行います。デザインとは何かと言う事を学び、アイデアを具体化出来ることを目標とします。
授業概要(教育目的) コミュニケーションツールである広告の考え方を理解し、メタ(抽象的)思考と総合力から得るアイデアを、ロジカルに具体的な形として表現出来るようにする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1)この授業を通じて習得するキーワード
■ロゴ 雑誌 web チラシ ポスター 書体 広告 媒体別デザイン 文字組 文字スタイル 段落スタイル アイコン デザイン思考 グリッドレイアウト

2)この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
Illustratorオペレーション 中級
Photoshopオペレーション 中級
企画立案力 初級
デザイン構成力 中級
授業計画表
 
担当教員各回タイトル内容
第1回HAL_Illustrator / ロゴマークロゴマークとは?
仮想出版社を設定しアイデアスケッチ制作、アイデアスケッチを元にしたロゴマークの制作
第2回HAL_Illustrator / ロゴマークロゴマークと使用規定書を考える?、ロゴマーク使用規定書の制作
●宿題:出版してみたい本を探し出す(次回提出・変更不可)
第3回HAL_ロゴマークプレゼンテーション
Illustrator & Photoshop/ 書籍カバーと帯(文庫本)のデザイン
ブックカバー製作に必要な情報を整え、アイデアをだす。帯の役目を考えるデザイン企画を決定する。
●宿題:ロゴ仕様書.pdf
第4回HAL_Illustrator & Photoshop/ 書籍カバー(文庫本)素材制作①折りトンボ付きの版下台紙データ制作方法、作品テーマによる表現方法をプランニングし具体的な画像を製作する、Photoshopによる画像の編集
第5回HAL_Illustrator & Photoshop/ 書籍カバー(文庫本)②レイアウトデザイン、構成
Illustratorで最終的なデザイン構成を行う、テキストの扱い方を覚える
第6回HAL_Illustrator & Photoshop/ 書籍カバー(文庫本)③ブックカバーラフデザイン完成、書籍カバーブラッシュアップと修正。
第7回HAL_Illustrator & Photoshop/ 書籍カバー(文庫本)④明度の差と遠近感、 色相の選び方など、色遣いのテクニック
帯の必要性を考える
●宿題:印刷、カット、カバーリング
第8回HAL_Illustrator & Photoshop/ 制作した書籍(文庫本)用宣材制作①7回までに制作した文庫本の宣材としてフライヤー、その他の宣伝材料を企画立案する
アイデアスケッチの制作、情報の整理。
第9回HAL_Illustrator & Photoshop/ 制作した書籍(文庫本)用宣材中間報告②ポスター、フライヤー、その他の宣伝のための素材を制作する。
ポスターやフライヤーの役割を考える、その他、資料収集、情報の整理
第10回HAL_Illustrator & Photoshop/ 制作した書籍(文庫本)用宣材制作③デザインラフの完成
第11回HAL_Illustrator & Photoshop/ 制作した書籍(文庫本)用宣材制作④印刷された物の情報量と文字のバランス、マージンなどをコントロールする
●宿題:全ての成果物を印刷
第12回HAL_Illustrator & Photoshop/ 書籍(文庫本)用宣材ブラッシュアップ書籍関連制作物まとめ制作とブラッシュアップ
第13回HAL_Illustrator & Photoshop/ 書籍(文庫本)プレゼン資料制作演習IIで制作した成果物をまとめ、整理してIllustratorでプレゼンテーション用資料を作る
第14回HAL_資料制作予備日資料制作
第15回HAL_『最終課題プレゼンテーション』ブックカバーと宣材の総合プレゼンテーション
成績評価方法・基準 授業課題の提出状況40%、必須課題と最終課題の評価40% 、プレゼンテーション20%、公欠は3回までは認める
テキスト(教科書) 教科書は必要ありません。その代わり、制作実費がかかります。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 課題提出での評価になります。試験は行いません。
※15回目の授業時にプレゼンをした後、ブラッシュアップをして最終提出。期限はプレゼン後1週間程度。
履修条件および学生へのメッセージ 「グラフィックデザイン演習Ⅰ」を修得していること。
<持参する道具>
スケッチブックかクロッキーブック・筆記用具・色鉛筆・両面テープ
カッターとカッター用定規(25~30cm100円均一ショップの物でOK)・カッターマット(B5~A4) Illustrator & Photoshop がインストールされたPC、マウス
<費用>
ブックカバー課題は実寸で紙に出力後カットし、実際の本に巻いて完成させます。その他の課題は現物サイズに印刷。基本はプレゼン用ボード(黒台紙)に添付して提出します。そのため、プリント代とプレゼン用のボード代、製本の材料代がかかります。

またスキャナーやデジカメ、プリンタなど、大学の備品にない道具をレンタルして使用する場面もありますので、レンタル料金もかかります。

PCには必ずソフトをインストールする。留学生はフォントの都合上、Adobeのソフトウェア(Illustrator,Photoshop)は日本語版をインストールして慣れること。その他の言語ソフトに関してはサポート対象外とします。
<日本語スキル>
グラフィックデザイン上の注意を日本語で細かく指示します。留学生の履修希望者に対しては日本語の力を求めます。