デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】FLASH演習Ⅰ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) Adobe Flashを使用した、モーショングラフィック作成を行う
ActionScript3.0の基本的な構文を使用して、インタラクティブ性のあるコンテンツ作成を行う
授業概要(教育目的) WebサイトにおけるAdobeFlashを使用した、基本的なFlashコンテンツ制作ができるようになる。
課題制作を通して、制作時にFlashコンテンツを考えるのに必要な事を指導する
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) シンボル、素材の取り扱い
モーショングラフィック作成
ActionScript3.0(フレーム制御、変数、関数、イベント、条件分岐式)
インタラクティブコンテンツ作成基本

Adobe Flash ソフトウェアオペレーション 初級
モーショングラフィック 初級
ActionScript3.0 初級
授業計画表
FLASH演習Ⅰ  
担当教員内容
第1回小松学史Flashモーショングラフィック作成基本
第2回小松学史Flashモーショングラフィック作成表現応用
第3回小松学史Flashモーショングラフィック作成表現応用
第4回小松学史ムービークリップを使用したコンテンツ作成
第5回小松学史第1課題講評・作品考察・改善検討
第6回小松学史Flashでの簡易的な画面遷移
第7回小松学史ActionScriptを使用した画面遷移
第8回小松学史ActionScriptを使用した画面遷移
第9回小松学史ActionScriptを使用した画面遷移
第10回小松学史第2課題講評・作品考察・改善検討
第11回小松学史ActionScriptを使用したインタラクティブコンテンツ制作
第12回小松学史ActionScriptを使用したインタラクティブコンテンツ制作
第13回小松学史ActionScriptを使用したインタラクティブコンテンツ制作
第14回小松学史ActionScriptを使用したインタラクティブコンテンツ制作
第15回小松学史第3課題講評・作品考察・改善検討
授業形式 実際にソフトウェアを使いながらの演習。
課題を最初に与え、その課題における制作物のイメージを持った演習を行う。その中で必要な技術や考えを得ていく。
成績評価方法・基準 課題点90%+授業態度10% 左記で採点を行う。
出席率70%未満のものは、採点を行わない
テキスト(教科書) オリジナルの資料を配布します
期末試験の内容(提出方法・実施日) 課題提出をもって評価する。課題内容はグループウェアや演習中に告知する。今期は3つの作品提出をもって評価する。試験や追試験、再試験等は行わない
履修条件および学生へのメッセージ ・Photoshop、Illustratorといったグラフィックソフトを使用した作品制作経験があることを前提とします
・Webサイト構築演習Ⅰ・Ⅱの単位取得をしている、もしくは同等の知識があることを前提とします

・授業の中盤以降で、ActionScript3.0というスクリプト言語を使用しますので、軽めのプログラミングの要素があることを理解してください