デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 Webサイト構築演習Ⅲ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) WebサイトのUI制作【初級~中級】で学んだことを活かしたサイト開発を目指します。
授業概要(教育目的) Webサイト構築演習Ⅲは、Webサイト制作とWebページ作成の中級的な知識を得るための科目です。
※「Dreamweaverの使いかた」など、ツールの機能紹介に特化した授業ではありません。
※Webサイト構築演習はサーバへのuploadと公開を前提とした授業です。

★この旧科目はいずれ廃止になる予定です。来年度以降の開講が未定のため、単位を落としてしまうと卒業に影響する場合が有ります。
★5回以上欠席すると評価対象になりません(単位認定されません)
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) HTML5/CSS3/ブラウザ/JavaScriptライブラリ・jQuery/フレームワーク/Less/Sass/Stylus/Webサービス/CMS/WordPress/WIX/Webflow/モバイル/スマートフォン・タブレット・ウェアラブル機器/API/xml/Web広告/プロモーション/企画/戦略/設計/予算/分析/運用/リニューアル・再構築/トラフィック/高速化/キーワード・アクセス解析/要件定義/スコープ/工程管理/SNS/API/ネットリテラシー/匿名性/個人情報の漏えい

★UIデザイン制作能力     中級程度
★要件定義と企画立案    中級程度
★UIコーディング能力     中級程度
★プレゼンテーション力   中級程度
授業計画表
Webサイト構築演習Ⅲ  
担当教員各回タイトル内容
第1回赤坂陽子『デザイン&コーディング・1』Webサイト構築演習Ⅰ及びⅡの復習/画面設計

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第2回赤坂陽子『デザイン&コーディング・2』Webサイト構築演習Ⅰ及びⅡの復習/HTML5での簡単な制作

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第3回赤坂陽子『デザイン&コーディング・3』Webサイト構築演習Ⅰ及びⅡの復習/HTML5/CSS

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第4回赤坂陽子『デザイン&コーディング・4』Webサイト構築演習Ⅰ及びⅡの復習/HTML5/jQuery

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第5回赤坂陽子『デザイン&コーディング・5』Webサイト構築演習Ⅰ及びⅡの復習/HTML5/jQuery Mobile/振り分け

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第6回赤坂陽子『Webサイト企画&開発・1』ーマに沿ったサイト制作と企画/グループワーク・もしくは個人作業

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第7回赤坂陽子『Webサイト企画&開発・2』テーマに沿ったサイト制作と企画/複数端末に合わせた画面設計/グループワーク・もしくは個人作業

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第8回赤坂陽子『Webサイト企画&開発・3』テーマに沿ったサイト制作と企画/開発のための工程抽出(スコープ)/グループワーク・もしくは個人作業

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第9回赤坂陽子『Webサイト企画&開発・4』テーマに沿ったサイト制作と企画/コーディングとサーバへの設置/グループワーク・もしくは個人作業

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第10回赤坂陽子『Webサイト企画&開発・5』テーマに沿ったサイト制作と企画/コーディングとサーバへの設置/グループワーク・もしくは個人作業

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第11回赤坂陽子『運用と検証/Webサービス・1』テーマに沿ったサイト制作と企画/運用フェーズ/分析/グループワーク・もしくは個人作業フレームワーク・Webサービスを利用したサイト制作

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第12回赤坂陽子『Webサービス・2』フレームワーク・Webサービスを利用したサイト制作

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第13回赤坂陽子『Webサービス・3』フレームワーク・Webサービスを利用したサイト制作

 ※状況により、コマシラバスの順番が前後する可能性が有ります
第14回赤坂陽子『課題発表・1&フィードバック』課題提出と発表第1回目/グループワーク・もしくは個人作業/コーディングミスや画面設計のフィードバック

 ※最終課題は必ず2回提出していただきます
第15回赤坂陽子『課題発表・2』前回のフィードバックを反映・修正した課題の提出と発表/まとめ

 ※最終課題は必ず2回提出していただきます
授業形式 教員による画面解説と自己端末での同時操作で習得度を高め、課題の自主制作とフィードバックにより、知識の定着を図ります。
※本演習はライブ授業です。オンライン映像による自習授業では有りません。
成績評価方法・基準 課題成績50% + 積極性50%で採点します。
参考文献 どの学生にどの書籍が参考になるかは個別に異なりますので、自分自身に合う参考書籍を探してください。
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  授業最終日までに提出していただきます 
・試験内容  提示した制作テーマから1つのテーマを選んで制作していただきます
・提出方法  授業内で指示します
・実施日   授業最終日まで・締切厳守
・追再試験の実施  対象になっていない科目のため、実施しません

★授業データをそのまま提出したり、著しく未完成のまま提出された場合は単位を認定しません。
★知的財産権を厳守してください。Google等で検索して得た画像は絶対に使用しないこと。
(フリー画像やオリジナルの素材を使ってください。)

────────────────────────────────────

●制作テーマ:
「デジタルハリウッド大学Webサイトのリニューアル企画と制作を行う」もしくは
「架空の教育機関のWebサイト制作を企画・開発する」のどちらかを選択のこと

●制作形態
グループワーク・個人制作のどちらでも構いません。
グループワークの場合、全員が同じデータを提出してください。)

●提出していただくもの 
1. 要件定義書 ※PowerPointやExcel、Googleスプレッドシートを活用してください。
2. png形式のデザインデータ ※TOPページ(第1階層)+下層ページ(第2階層)1点
3. HTML5 で 記述されたWebサイトデータ ※TOPページ(第1階層)
※どのツールで制作しても構いません。

●備考
コンテンツ内の文章は、言語自由とします。
知的財産権に抵触しない素材を使用してください(厳守のこと!)
Google等から無断で画像を引用しないでください。
画像を使用する場合は、フリー素材を使用してください。
就職活動に使うことも念頭に置き、丁寧に制作してください。

●提出方法
サーバにupする場合は、ご自身で開設したサーバにupし、アクセス制限を掛けてください。
閲覧のためのURLとID・パスワードを、メールで送付してください。
データが重いようであれば、firestrage( http://firestorage.jp/ )等を使用して提出してください。
※宛先は指定されたメールアドレスへ

●提出締め切り(※1、2回とも提出してください)
第1回目: 2016年7月27日(水) ※授業開始時まで
第2回目: 2016年8月3日(水) ※1、2回とも提出してください
履修条件および学生へのメッセージ ★Webサイト構築演習Ⅰ、及びⅡの2つの科目を修了した者であること。(未修了者は事務局を経由してご連絡ください。)
★日本語が理解でき、かつ、日本語での読み書きが可能で、口頭でのコミュニケーションが成立すること。当演習では、日本語そのものの指導は一切行いません。(这门课对留学生的日语水平有一定的要求,如果不符合要求请绕开。)
★過去に、授業妨害等によって履修受入不可の裁定をされていないこと。
★授業中に別の科目の課題を制作したり、立ち歩いたり、ゲームをしたり、ボディパーカッションで音を出したり、歌を歌ったり、騒いだりしないこと。(授業中の飲食・居眠り・チャット・株取引・オークション取引・いたずら行為なども禁止とします。)
★毎回出席した場合でも、一定の理解度が得られていない場合は単位不可となります。
★5回以上欠席すると評価対象になりません(単位認定されません)

◆推薦状(奨学金・進学など)はお出しできません。(关于奖学金、升学等推荐书必须通过事务局申请,否则一律不接受)
◆課題連絡及び重要な連絡はデジキャンに掲示するので、履修生は必ずデジキャンを確認してください。
授業用E-mail daigaku_jimukyoku@dhw.ac.jp