デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 映像制作演習Ⅲ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 「映像制作演習Ⅲ」赤城クラスでは、『作品制作を通して、映像企画、映像技法、映像演出、具体的には、映像制作全般のディレクションとプロデュース』を学ぶ。
監督、ディレクター、撮影、編集、プロデューサー、脚本家などの職種を目指したい学生に、プロフェッショナルとして必要な技術を身に付けてもらう。
授業概要(教育目的) 「映像制作演習Ⅲ」でのテーマ課題は、『ストーリーのある映像』。
企画、プロデュースを実践し、脚本、ストーリーボード(絵コンテ)、カメラワーク(ポジション、アングル、動き)、フレーミング(構図設計)を計算した映像表現を主眼とする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 発想力         中級~上級

企画力         中級~上級

プレゼンテーション力  中級~上級

映像演出        中級~上級

撮影          中級~上級

編集          中級~上級
授業計画表
映像制作演習Ⅲ  
担当教員内容
第1回赤城聡オリエンテーション 授業内容説明、グループ分け、担当分けなど
第2回赤城聡企画開発①プロット
第3回赤城聡企画開発②脚本
第4回赤城聡企画開発③脚本
第5回赤城聡企画開発④脚本
第6回赤城聡ストーリーボード作成①
第7回赤城聡ストーリーボード作成②
第8回赤城聡撮影演習①テスト撮影
第9回赤城聡撮影演習②テスト撮影
第10回赤城聡撮影①
第11回赤城聡撮影②
第12回赤城聡ポストプロダクション①編集
第13回赤城聡ポストプロダクション②編集
第14回赤城聡ポストプロダクション③カラコレ
第15回赤城聡ポストプロダクション④効果
授業形式 5~7名のグループワークをメインとする。

企画開発、プリプロダクション、撮影段階までを、グループ単位で実践する。ポストプロダクションにおいては、各学生は所属グループ毎の撮影素材を元に、それぞれが作品を編集⇒完成させる。
成績評価方法・基準 授業点  30 %
期末試験 70 %

授業各回での取り組み、成果を「授業点」として採点する。

居眠り、私語、離席、教員の指示の不履行など、不誠実な授業態度は、授業に参加させない措置を取る場合もある。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【本試験】
□試験の方法 プレゼンテーション
□受験条件 出席率70%以上
□試験実施日 後日決定
□内容 成果物(課題映像)を提出、プレゼンテーションする。
□持込物の制限 これまでの成果物、資料は持ち込み可

【追試験】※本試験日に公欠と同様の理由により試験を受けられなかった学生が対象となります
□試験の方法 プレゼンテーション
□受験条件 本学の規定する追試対象者
□試験実施日 後日決定
□内容 成果物(課題映像)を提出、プレゼンテーションする。
□持込物の制限 これまでの成果物、資料は持ち込み可

【再試験】※単位修得まであと一歩の学生に対する再試験です
□試験の方法 プレゼンテーション
□受験条件 本学の規定する再試対象者
□試験実施日 後日決定
□内容 成果物(課題映像)を提出、プレゼンテーション。
□持込物の制限 これまでの成果物、資料は持ち込み可
履修条件および学生へのメッセージ 履修条件:「映像制作演習Ⅰ」または「映像制作演習Ⅱ」を単位取得していること(クラスは問わない)。

選抜方法:エントリーシートおよびポートフォリオによる選抜。

・シラバスをしっかりと読んで、エントリーシートを記入・提出すること。
・同一科目でも、担当教員毎に学習目標(到達目標) 授業概要(教育目的)は異なる。
・これまで制作した作品(課題、自主制作どちらも)をポートフォリオとしてDVD-Rにコピー・提出すること。

◎重視すること
1、制作スキル(企画力、撮影技術、編集技術など)
2、モチベーション(目的意識、本気度)。
「志望動機および志望理由、今期の履修の意思とコンセプト」欄をしっかりと書くこと。
3、日本語コミュニケーション能力(hearing、writing、speaking)
4、礼節、マナー。

上記科目の中で複数履修希望科目がある場合、科目毎にエントリーシートを記入せず、「志望動機および志望理由、今期の履修の意思とコンセプト」欄に、履修希望科目を全て記入すること。