デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】広告ビジネス
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 広告,PRに関しての基礎的な知識、スキルを身につけ、将来、モノやサービス、社会事業等の促進の機会を得た時に役立てるため。
授業概要(教育目的) 広告、PRが果たす産業的、文化的、社会的役割。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) マーケテイングの考え方
コンセプト・ワークの考え方
広告制作のためのクリエイティブの考え方
メディアに対する理解力
広告の歴史と作品紹介
広告企画書の作り方
現代広告(デジタル・web)の理解
他。
授業計画表
広告ビジネス  
担当教員内容
第1回齋藤光弘以下検討中
第2回齋藤光弘同上
第3回齋藤光弘同上
第4回齋藤光弘同上
第5回齋藤光弘同上
第6回齋藤光弘同上
第7回齋藤光弘同上
第8回齋藤光弘同上
第9回齋藤光弘同上
第10回齋藤光弘同上
第11回齋藤光弘同上
第12回齋藤光弘同上
第13回齋藤光弘同上
第14回齋藤光弘同上
第15回齋藤光弘同上
成績評価方法・基準 課題100%。
60点以上で可
70点以上で良
80点以上で優
90点以上で秀
参考文献 デイビット・オグルビー著「売れる広告」
高橋宣行著「コンセプト・ワーク」「企画書はA4一枚で」
伊藤直樹「伝える力」
フィリップ・コトラー「マーケテイングの基礎」
j・ボードリアール「シュミレーションの時代」
石岡瑛子「I DESIGN」
道の手帳シリーズ(河出書房)「M・マクルーハン 生誕100年」
杉山登志「コマーシャルにチャンネルをあわせた日」
奥山清行「創造の1/10000」
期末試験の内容(提出方法・実施日) 課題提出。再提出可。