デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ベンチャー特論【合】
(副題) 【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 木曜日 代表時限 5限
科目分類名 コンテンツビジネス科目
科目分野名
年次
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 太場次一教員

学習目標(到達目標) ・個人企業に留まらず、就職後の社内における新規事業やプロジェクトを立ち上げる際に必要な知識を習得させ、実行プロセスを把握する、実行力を身につけることで、第一線の現場で活躍・信頼される人材の育成を目的とする。
・プランニング〜プレゼンまでのプロセスを個人とチームとでの二度、体感させることで自分の強みと弱みを把握させ、その強化と克服方法を習得させる。
・各自のアイデアや事業プランの実現性を高めるために必要な調査・分析・優位性の見出し方・裏付け・表現などの手法を実践課題と事例を基に習得させる。
・事業計画書及び収支計画書作成能力の習得。
授業概要(教育目的) ・アイデアや事業プランを0から生み出す能力を開花させ、一人でも多くのアントレプレナー(起業家)を生み出すことを目的とする。
・チャンスを確実に掴んで成功する力を身につけ、今後活躍できる人材として、現場で活かせる知識と思考回路を習得するための授業を行う。
・授業内の最終発表において評価が高かった案件は、実際の立ち上げまでを視野に入れ、ベンチャーキャピタル及び個人投資家と共に支援を行う。
授業計画表
ベンチャー特論  
担当教員内容
第1回太場次一【1】概要説明 | ・担当教員の自己紹介
・授業内容及びスケジュール説明
・一年後の到達目標説明
・受講ルール説明
第2回太場次一【2】スキルチェック | ・受講時段階における知識・及び素養をアンケートやヒヤリングを通し
スキル指数を測定し、個人課題及びチーム課題と比較する指標を設定
第3回太場次一【3】ゲストパネラーによるセミナー1 | 第一線で活躍するIT系企業から実際の経営者を招き、成長過程で起こった
不測の事態や失敗策・リスク、そしてそれらを乗り越えて来た
回避策や解決策等について実際のケースをベースに講義を受ける。
第4回太場次一【4】起業に必要な知識1 | ・事業モデルに対する市場及びターゲット分析、リスク分析、国際感覚
・事業コンセプトと市場ニーズのベクトル
・事業企画に伴う事業シェアとその拡大イメージ
・経営者視点でのビジョンとミッションと役割
・企業家としての株式公開意義
・法人としてのコンセプトとフィロソフィー
・経営者のステークホルダー
・起業に至るまでのプロセス及び実行手法
・取締役会、株主総会概念
・事業運営に伴う体制役割及び人員計画とマネジメント
・執行権限を持つ人材選定
・顧客満足追求
 上記についてガイドライン及び事例を参考にて講義
第5回太場次一【5】ゲストパネラーによる
セミナー2 | ・IT系起業の経験を持つ会計士を招き、経理財務面での経営者が抱えるリスクとノウハウ及び株式
会社設立、登記に必要な知識を解説。
・ベンチャーキャピタルからはファンドマネージャーを招き、投資における失敗事例や投資を行う際の評価ポイント、マイ
ナスポイント等を実例を基に解説。また投資家が望む投資家像や今後注目される市場について実践的な講義を受ける。
第6回太場次一【6】起業に必要な知識2 | ・業務フロー・事業フレーム等の構造設計
・事業収支作成、管理
・損益分岐・原価償却の概念
・資金繰りの概念
・ミッション設定及び業績管理手法
・稼働工数管理手法
・社員モチベーション管理
・知的資産、権利取得、管理
  上記についてガイドライン及び事例を参考にて講義【7】個人による起業プラン策定 | 前半に学んだ知識とノウハウを応用して、個人が備えている発想力と企画力がどれだけ活かせるかを計測すべく、投資家向け事業計画及び収支計画作成を目的とした個人課題を提示。
第7回太場次一【7】個人による起業プラン策定 | 前半に学んだ知識とノウハウを応用して、個人が備えている発想力と企画力がどれだけ活かせるかを計測すべく、投資家向け事業計画及び収支計画作成を目的とした個人課題を提示。
第8回太場次一【8】起業プラン補正 | 講師による個別面談を行い、提案内容に対する改善アドバイスを行う
第9回太場次一【9】ベンチャーキャピタル及び個人投資家へのプレゼン | ・個人毎に
①プレゼンテーション内容
②事業モデル
③事業計画
④収支計画
⑤質疑応答
評価を目的に投資家への事業プレゼンを実施
第10回太場次一【10】ベンキャピ審査結果レビューと振り返り | ・実際の個人投資家及びベンチャーキャピタル、ファンドマネージャーから、個人提案に対する評価を頂く。また各提案に優劣順位付けを行うと同時にスキルチェック時の指標と比較し、改善、課題点を振り返る。
第11回太場次一【11】チームによる起業プラン策定 | 個人課題の優劣順位を参考に自分の能力を補完出来るメンバーを選定し勝つためのチーム作りを行わせ、前半と個人課題で学んだ知識とノウハウを応用し、共同作業の中で、個人が得意とする能力を、どれだけ活かせるかを想定すべく、投資家向け事業計画及び収支計画作成を目的としたチーム課題を提示。
第12回太場次一【12】起業プラン補正 | 講師による個別面談を行い、提案内容に対する改善アドバイスを行う
第13回太場次一【13】ベンチャーキャピタル及び個人投資家へのプレゼン | ・チーム毎に
①プレゼンテーション内容
②事業モデル
③事業計画
④収支計画
⑤質疑応答
第14回太場次一【14】ベンキャピ審査結果レビューと振り返り | ・実際の個人投資家及びベンチャーキャピタル、ファンドマネージャーから、チーム提案に対する評価を頂く。また各提案に優劣順位付けを行うと同時にスキルチェック時の指標と比較し、改善、課題点を振り返る。
第15回太場次一【15】投資案件精査 | チーム提案案件から優劣順位を付けた優秀作品を選定。実際の立ち上げをメンバーで検討し、ベンチャーキャピタル及び個人投資家に支援要請を行い事業化フェーズへ進める。
授業形式 ・座学とワークの割合を3:7の基準とし、個々が持つ思考力を引き出すカリキュラムをメインとした構成とする。
・座学:国内外におけるIT系企業から起業家を招き、起業のきっかけや起業時及び成長過程で起こった不測の事態や失敗・リスク、加えてそれらを乗り越えてきた回避策や解決策について、実際のケースをベースに話を伺う。
・ワーク:個人とチームの2回のサイクルに分け、実際に事業プランを立案し、プロ視点での評価を体感する。また、起業及び事業化に欠かせない事業計画書作成及び収支計画の構造をシミュレーションシートを使い理解させる。
成績評価方法・基準 総得点を100点満点とし、60点以上で単位付与を行う。60点未満を不可、60点以上を可、70点以上を良、80
点以上を優、90点以上を秀の5段階評価。
評価方法は、平常点(2割)、受講態度(1割)、スケジュール管理(1割)、課題提出(5割)、プレゼンテーション
(1割)とする。公欠は2回まで認める。
参考文献 受講者へは事業計画及び収支計画策定に必要なシュミレーションツール及び虎の巻を付与。
また参考文献については都度紹介予定。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 授業内予備選及び
投資家を迎えたプレゼン発表会本番を最終試験とする。
追試や再試は実施しない。

【本試験】
・受験条件:予備選及び本選出場者
・試験方法:予備選及び本選でのプレゼンテーションに対する審査員評価
・試験実施日:7月13日 5限、7月27日5限
・内容 :授業内で告知
 ※追試や再試は実施しない。
履修条件および学生へのメッセージ ・夢を叶えたい人
・アイデア、発想力を活かしたい人
・企業家になりたい人
・投資家、パートナーを求めている人
・起業、独立如何に捕らわれず、起業内プロジェクトの立ち上げに関わりたいと考えている人
・就職後に独立を考えている人
・NO1を支えるNO2のポジションを狙っている人
・社会貢献、社会企業化を目指している人
*最後までやり抜く気力を持続させ達成させる努力が出来る人