デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 閉講キャラクターコンテンツマーケティング
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 今の時代に、日本で生きる、20代の学生として、世界に通用するキャラクターを、

自らのアイディアとスキルで、リアリティを持って創造・育成する。
授業概要(教育目的) 毎回迎える各業界で活躍するゲストスピーカーの実話・体験・ノウハウを聴きながら、受講生各自がキャラクターマーケティングの成功要因を、整理把握し、成功を生み出す為の新たな知見や、法則を見出すことを目的とする。              そして、新しい時代にふさわしい情報発信媒体の中からのキャラクター創出についてレポートしてもらう。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
ターゲティング
セグメンテーション
マーケティングミックス
差別化戦略
価値交換活動
AIDMAの法則
プロダクトライフサイクル

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
ロジカルシンキング   中級
企画立案力       中級
戦略的思考力      中級
授業計画表
キャラクターコンテンツマーケティング  
担当教員各回タイトル内容
第1回佐藤博久キャラクタービジネス概論 キャラクターの拡散には媒体が大きな影響を果たします。媒体を時系列に解説します。
第2回佐藤博久キャラクターマーケティング論:1「JK(女子高生)」JK評論家として有名な「ブームプランニング」から中村社長をお招きします。
第3回佐藤博久キャラクターマーケティング論:2「クレーンゲーム機」ゲームセンターでご存知の「タイトー」からゲストスピーカーをお招きします。
第4回佐藤博久キャラクターマーケティング論:3「タレント」KISSなどでも有名な外国人タレントなどをプロデュースするゲストスピーカーにお招きします。
第5回佐藤博久キャラクターマーケティング論:4「マンガ家」ジャンプのマンガ「バーテンダー」の加治佐先生をゲストスピーカーにお招きします。
第6回佐藤博久キャラクターマーケティング論:5「テレビ・アニメ」ガンダムなどでも有名なサンライズからゲストスピーカーにお招きします。
第7回佐藤博久キャラクターマーケティング論:6「浅草プロジェクト」外国人旅行者でナンバー1人気の浅草。浅草をもっと大きく盛り上げるプロジェクトからプロモーター佐々木社長をお招きします。
第8回佐藤博久キャラクターマーケティング論:7「バルーン・アート」
スヌーピーのバルーンアートなどで有名な「パパメイアン」佐々木社長をゲストスピーカーにお招きします。
第9回佐藤博久キャラクターマーケティング論:8「インターネット・マンガ」 JTB・楽天とのコラボの「マンガエッグエンターテインメント」からゲストスピーカーをお招きします。

第10回佐藤博久キャラクターマーケティング論:9「スマホ・アプリ・ゲーム」 ゲーム・アプリ制作の「グッドラック3」から井上社長をお招きします。
第11回佐藤博久キャラクターマーケティング論:10「人型ロボット」ソフトバンクのペッパー君を超えるロボットを制作する会社社長平田社長をお呼びします。
第12回佐藤博久キャラクターマーケティング論:11「艦コレ・プラモデル」艦コレ・ブームで盛り上がる模型業界から日本一の艦船モデラーをゲストスピーカーとしてお招きします。
第13回佐藤博久キャラクターマーケティング論:12「キャラクターデータ」「キャラクターデータバンク」陸川社長にキャラクターをデータ上からお話しいただきます。
第14回佐藤博久キャラクターマーケティング論:13「キャラクターで島おこし」佐渡島をテーマにして、地方の力を試すプロジェクトから高山プロデューサーをお呼びします。
第15回佐藤博久レポート提出&試験
 
授業形式 現在、各業界のトップで活躍しているゲストスピーカーに、最新データに基づき、現状を分析していただいたうえで、日々実践しているスキルを紹介いただく。
成績評価方法・基準 100点満点とし、70点以上で単位を与える。点数の構成は(試験の評価6割・レポート提出1割・平常点(受講生評価、出席等)3割)とする。


 (本試験にどうしても参加できない学生は教員に別途相談する)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 試験問題は事前(前週授業終了時)に知らされ、準備した内容などは持ち込みは可とする。
ただし、提出は「解答用紙への直接、記入」となる。
レポートは、当時にレクチャーを受けた内容に沿って、記入・提出する。

追試・再試は原則行わない。


【本試験】
・受験条件:無
・試験方法:筆記試験
・試験実施日:8月2日(火)5限
・内容:7月26日(火)の授業内で詳細を告知する。
・追試、再試は実施しない。"
履修条件および学生へのメッセージ 経営者のゲストスピーカーをお呼びしている関係で、ゲストスピーカーの都合で、順番が入れ替わることもあります。ご了解願います。