デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】アニメ制作概論
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) アニメ企画書の作り方を学び、より良い企画とはどのような視点で作られるべきか、ということについての考え方を修得する。
また、企画発表を通じて、プレゼンテーションの能力をスキルアップさせる。アニメビジネスの総合理解と実践を目指す。
授業概要(教育目的) アニメーションの基本的な製作進行のプロセス理解と、それらにかかわるスタッフの役割、関係を学ぶ。また、既存では会社ごとにスタッフの役割分担は異なっているがこれからの業界ではどの形が標準であるか不明な点が多い。この授業では製作管理者としての知識を中心としながらも、将来のプロデューサーを目指せるように、単なる制作進行ではなく企画を考えられる人間、さらに玩具課などトータルのアニメビジネスが行える人間の行く育成を目指し、実践の授業手法で学ぶ。
授業計画表
アニメ制作概論  
時限担当教員内容
第1回5限●吉岡昌仁【1】
ガイダンス
講義概要説明および質疑応答
第2回5限●吉岡昌仁【2】
アニメーションコンテンツ制作工程と著作権
制作工程、予算、制作マネジメント等、制作進行の役割
著作権
第3回5限●吉岡昌仁【3】
アニメーションコンテンツ制作工程と著作権
制作工程、予算、制作マネジメント等、制作進行の役割
著作権
第4回5限●吉岡昌仁【4】
アニメにおける世界市場
世界でのアニメの需要
世界でのアニメビジネスとは?
~グルーピング、テーマ設定~
第5回5限●吉岡昌仁【5】
アニメーション企画書
企画制作~グループ制作~
第6回5限●吉岡昌仁【6】
アニメーション企画書
企画制作~グループ制作~
第7回5限●吉岡昌仁【7】
アニメーション企画書
企画制作~グループ制作~
第8回5限●吉岡昌仁【8】
アニメーション企画書
企画制作~グループ制作~
第9回5限●吉岡昌仁【9】
アニメーション企画書
企画制作~グループ制作~
※予備※
第10回5限●吉岡昌仁【10】
アニメーション企画書
プレゼンテーション
第11回5限●吉岡昌仁【11】
アニメーション企画書
プレゼンテーション
第12回5限●吉岡昌仁【12】
アニメーション企画書
プレゼンテーション
第13回5限●吉岡昌仁【13】
アニメーション企画書
プレゼンテーション
※予備※
進行によって変更あり
第14回5限●吉岡昌仁【14】
ゲスト(予定)
第15回5限●吉岡昌仁【15】
総評・まとめ
授業形式 企画書はグループワークにより作成する。
成績評価方法・基準 出席5割、その他(授業参加度・企画など)
公欠は3回まで認める。
テキスト(教科書) 無し
テキストISBN番号 無し
参考文献 無し
期末試験の内容(提出方法・実施日) 企画書グループ発表
詳細は授業内で告知する。
履修条件および学生へのメッセージ 基本的な日本語コミュニケーションができること。授業に出席では単位が出ないので受身でなく、能動的な学生のみ履修を薦める。