デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】CG概論
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) CGやデジタル映像に関する書籍や会話に出てくる用語やテクニカルなしくみまで理解できるようになる。また、講義で紹介するCGが実際に使われている映画やSIGGRAHの論文などを通じて、この分野の現状をより深く認識できるようになる。
授業概要(教育目的) コンピュータグラフィックス(CG)やデジタル映像に関する基礎を知り、各人の将来への応用のための導きとなること
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)、CAD、CAM、デッサン、構図、トリミング、遠近法、透視図法、パースペクティブ(パース)、座標系、法線ベクトル、
透視投影、平行投影、ワイヤーフレーム、シェーディング、シャドウイング、2進法、16進法、アナログ/デジタル変換(AD変換)、標本化、量子化、被写界深度、焦点距離、画角、絵コンテ、モンタージュ、クレショフ効果、スプライン曲線、ベジエ曲線、NURBS曲線、環境光、拡散反射光、テクスチャ、マッピング、レンダリング、ヴィジュアライゼーション(可視化)、シミュレーション、解析、透明度、キーフレーム、中割り、補間、ステージング、アクションライン(動線)、ライティング、画像処理、コンピュータビジョン、知的財産権、著作権

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
3DCGの変遷・歴史     初級
デジタル映像のしくみ     初級
コンピュータリテラシ     初級
授業計画表
CG概論  
担当教員内容
第1回猪俣一則
酒井明彦
導入 講義の概要を紹介し、CGの歴史と基礎を概観する
第2回猪俣一則
酒井明彦
表現の基礎 CG制作の基礎となる表現方法について学習する
第3回猪俣一則
酒井明彦
技術の基礎 CG制作に必要な技術やデジタルデータの特徴について学習する
第4回猪俣一則
酒井明彦
写真撮影 デジタル映像制作やCG素材としての写真の撮り方について学習する
第5回猪俣一則
酒井明彦
動画撮影 アニメーション制作の基礎となる動画の撮り方について学習する
第6回猪俣一則
酒井明彦
映像編集 アニメーションを魅力的なものにするための編集方法について学習する
第7回猪俣一則
酒井明彦
モデリング 3Dモデルの制作方法について学習する
第8回猪俣一則
酒井明彦
マテリアル CGの質感を向上するためのマテリアルについて学習する
第9回猪俣一則
酒井明彦
アニメーション 各種のアニメーション制作方法について学習する
第10回猪俣一則
酒井明彦
シーン構築 シーンを構築する手順や手法について学習する
第11回猪俣一則
酒井明彦
プロダクションワーク 映像制作工程について学習する
第12回猪俣一則
酒井明彦
映像制作を支える技術 CG制作に必要な機材やソフトについて学習する
第13回猪俣一則
酒井明彦
数理造形 数式によって魅力的な画像を制作する技術について学習する
第14回猪俣一則
酒井明彦
著作権 CG制作に関わる知的財産権や著作権について学習する
第15回猪俣一則
酒井明彦
試験実施
授業形式 講義主体・小テストあり(不定期)
成績評価方法・基準 出席率  7割未満は不可 ※公欠は3回までは認める

期末試験
90点以上 秀
80点以上 優
70点以上 良
60点以上 可
60点未満 不可
テキスト(教科書) ・「入門CGデザイン」CG-ARTS協会
・「デジタル映像表現」CG-ARTS協会
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  筆記試験
・試験内容  講義内容全般
・提出方法  試験終了時に解答用紙を回収
・持込の可否 教科書2冊、辞書(携帯電話以外のもの)
・実施日 7月31日に実施
・追試験の実施  無  
・再試験の実施  無