デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】色彩論Ⅱ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 配色の基本を知っている。カラーイメージチャートが使える。自分のイメージで配色ができる。
レベルとしてデジタル色彩検定において2級以上の資格の合格を目指す。
・目的に応じた配色ができる。
・先端色彩による配色ができる。
・先端色彩による色彩心理分析ができる。
・基本的な色彩計画ができる。
授業概要(教育目的) 色彩はデザインのエレメントの中でも実に大きな影響を与える。色を使うためにはそれなりの基本(色彩論Ⅰ)が必要である。色彩論Ⅱでは配色とイメージの関係を自分の眼で確認しながら高度な配色技法を習得する。配色が自由に行える能力を身に付ける。特に嗜好色分析と色彩心理分析を核に据えた展開を行う。
デジタル色彩検定2級の試験内容に準じた知識を学ぶ。デジタルにおける配色能力と色彩心理分析力を習得する。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
イメージによる配色
カラーイメージチャートの読み方
嗜好色分析
色彩心理分析
カラーコントロール
色彩戦略の立案
色彩計画

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
配色能力 デジタル色彩検定2級程度
嗜好色分析力   中級
色彩心理分析力  初級 
色彩計画力    中級
色彩表現力    中級
授業計画表
色彩論Ⅱ※1年生  
担当教員内容
第1回南雲治嘉デジタル色彩の基礎の確認。*色の記憶性
第2回南雲治嘉イメー志カラーチャートの意味と制作。
第3回南雲治嘉カラーリングのグループ制作。カラーオートメーション。
第4回南雲治嘉色彩置換。名画による置換配色。
第5回南雲治嘉嗜好色分析1 自分の好きな色による構成。
第6回南雲治嘉嗜好色分析2 嗜好色の変遷と自己分析。
第7回南雲治嘉嗜好色分析3 商品企画への応用。キャラクターのカラーリング。
第8回南雲治嘉色彩心理分析1 簡易心理分析法。
第9回南雲治嘉色彩心理分析2 本格心理分析法を演習する。
第10回南雲治嘉カラーコントロール 同系色による配色。テレビ番組タイトル。
第11回南雲治嘉Web配色基礎。
第12回南雲治嘉商品企画による色彩戦略。飲料水のラベルデザイン。
第13回南雲治嘉色彩計画-遊園地。任意設定した遊園地の色彩計画を立案する。
第14回南雲治嘉色彩計画のアイテムの制作。
第15回南雲治嘉色彩計画企画書作品提出・色彩メッセージ作品制作
授業形式 講義(30分)の後、より配色能力を高めるためのカラーイメージトレーニングを行う(60分)。基本的に即日課題になる。場合によって、合評を行う。グループワークもある。基本的に色を使う授業であり、配色には誠意をもって取り組んでほしい。色が付いていない作品は色彩ではあり得ない。
成績評価方法・基準 出席率 70%、課題提出率 70%、ES提出率 70% 以上の者が評価対象となる。
毎回提出される課題の採点による評価。成績評価は平均60点以上に対して単位を与える。
※期末試験は行わない。
テキスト(教科書) ★注意:以下2冊は色彩論Ⅰで使用したテキストになるので、改めて購入する必要はない。

『デジタル色彩マスター』評言社/南雲治嘉著/3200円(税別
)/ISBN978-4-8282-0545-8
『色と配色がわかる本』日本実業出版社/南雲治嘉著

★色彩論Ⅱから使用
『配色イメージチャート』グラフィック社/南雲治嘉著/1500円(税別)/ISBN 4-7661-1170-2

※教材としてカリスマカラー色鉛筆(油性)36色デジタルハリウッド大学用セットを指定。
テキストISBN番号 『デジタル色彩マスター』評言社/南雲治嘉著/3200円(税別
)/ISBN978-4-8282-0545-8
『色と配色がわかる本』日本実業出版社
ISBN:978-4534049063
参考文献 『色彩戦略』グラフィック社/南雲治嘉著/
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験は実施しない。問題がある場合には個別に対応※する。
※提出作品により成績を決めるが不合格者で合格点数の90バーセント以内の者については追課題を出題することがある。
履修条件および学生へのメッセージ 原則として色彩論Ⅰを単位修得していなければ、本教科を履修することはできない。
ただし、次のものに該当する者は履修申請することができる。

*希望者は各自自分で履修登録を行い、初回授業に以下2点を提出すること。

1.テキスト「デジタル色彩マスター」の演習部分(P48~51)を独自に勉強した人。
*演習が終了しているかどうかをテキストをチェックする。テキストの該当ページをコピーして教員に提出すること。

2.色による感情表現作品「私の気持ちは世界を包む」B5ケント紙に15×15センチのフォーマットを作りそこに表現。画材は色鉛筆を使用する。
*この作品を事務局に提出し合格すること。

雑な作品は、採点しない。特に色が使われていない作品はあり得ない。テキストを忘れると演習が不可能になる。
指定期日を過ぎた昨日は受け取らない。

本科目は、デジタル色彩検定2級受験を目指す知識を身につけることを目標の目安とする。