デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】デザイン概論
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) デザインにおける計画とデザイン構成法(ベーシックデザイン)を習得する。
・デザインの意味を知っている。
・デザインの目的を知っている。
・デザインの構成法が習得できる。
・デザインが問題解決のためのものであることを応用できる。
授業概要(教育目的) デザインの明快な定義からデザインの目的、デザイナーとしての使命を学び、デザインプロセスを習得する。デザインを正しい理解は全てのクリエイティブに必須であり、仕事における基礎知識であることを認識する。デザインが武器であることを学ぶ。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

・デザインと計画の関連
・デザインの役割
・デザイン力
・デザインの領域を知り自分の可能性を見分けられる

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

・デザイン力  初級
・企画立案力  初級
・調査分析力 中級
・表現力 初級
授業計画表
デザイン概論  
担当教員内容
第1回南雲治嘉デザインとは何か デザインの置かれている現状 プロとは何か
第2回南雲治嘉デザインの定義 3つの定義 他者のためのデザイン
第3回南雲治嘉デザインで使われているエレメント。線の感情表現。
第4回南雲治嘉視覚心理学の内容とその応用。点の構成。
第5回南雲治嘉視覚心理学(形による心理)○△□のデザイン。
第6回南雲治嘉デザインの概略。(パワーポイントによる解説)
第7回南雲治嘉絵の誕生。その後の発展と今日のメディアとの関係。
第8回南雲治嘉文字の誕生とタイポグラフィ。
第9回南雲治嘉ピクトグラムの誕生とその意義。アイコン10種の制作法。
第10回南雲治嘉日本(東洋)と西洋のデザインの違い。限定デザインと無限定デザイン。
第11回南雲治嘉デザインの構成法。 シンメトリーと黄金比 画面のまとめ方
第12回南雲治嘉シンボルの定義。シンボライゼーションの課題。
第13回南雲治嘉近代デザインの誕生。その裏にある日本の美術。
第14回南雲治嘉時代の読み方。これからの時代を生きるために。
第15回南雲治嘉究極の目的。夢の実現。夢を作る仕事。夢荷を形にすることに価値がある。
第16回南雲治嘉 
授業形式 レクチャーと演習をセットにした形で行う。説明された内容に対して、トレーニング課題による演習を行う。理論の検証がこれによって行われる。レクチャーはライブであり、出席することでデザインの面白さに触れることができる。提出する作品は丁寧に完成させること。なぐり書きや雑なものは採点対象にならない。
成績評価方法・基準 出席率 70%、課題提出率 70%、ES提出率 70% 以上の者が評価条件。
毎回提出される課題の採点による評価。
※期末試験は行わない。
※指定期日を遅れた課題は受け取らない。
テキスト(教科書) 『視覚デザイン』ワークスコーポレーション/南雲治嘉著/1800円(税別)/ISBN978-4-86267-074-8
※トレーニングのために色鉛筆(24色以上)、定規、製図ペンを使用する
テキストISBN番号 『視覚デザイン』ワークスコーポレーション/南雲治嘉著/1800円(税別)/ISBN978-4-86267-074-8
参考文献 『常用デザイン』グラフィック社/南雲治嘉著/2800円(税別)/ISBN4-7661-1472-8
期末試験の内容(提出方法・実施日) 期末試験は実施しない。ただし、基準点数よりも10%以内で下回っている者に対して追課題を課す場合がある。
履修条件および学生へのメッセージ ★本講義は南雲先生が出張のため、補講・休講がありますので、ご注意ください。

3Q
第1回 : 9/30(水)4限
第2回 : 10/7(水)1限(補講)
第3回 : 10/7(水)4限
第4回 : 10/14(水)1限(補講)
第5回 : 10/14(水)4限
第6回 : 10/21(水)1限(補講)
第7回 : 10/21(水)4限
第8回 : 10/28(水)4限

※補講日
10/7(水)1限、10/14(水)1限、10/21(水)1限

※休講日
11/4(水)4限、11/11(水)4限、11/18(水)4限


4Q
第9回 : 12/2(水)4限
第10回 : 12/9(水)4限
第11回 : 12/16(水)4限
第12回 : 12/23(水)4限
第13回 : 1/6(水)4限
第14回 : 1/13(水)4限
第15回 : 1/20(水)4限
第16回 : 1/27(水)4限

全くの初心者に対する授業なので、限定されたスキルは必要ないが、時代の動きに興味があること、そしてていねいな取り組みができることが望ましい。デザインという言葉を正しく使用してほしいので、学んだことを実践することが前提である。
プロになるための授業ので、講義と平行してプロ意識を修得してほしい。