デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 再コンテンツ産業におけるコンプライアンス
(副題) 再履修
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 2限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 秋山雅和教員

学習目標(到達目標) クリエイターとして身に付けておくべきコンプライアンスマインドおよびコンテンツビジネスに携わる者として必須である著作権に関する基本的な知識(【ビジネス著作権検定初級】合格程度)を習得する。
授業概要(教育目的) コンテンツビジネスにおいて遵守すべき関連法規の基礎的な知識を習得するとともに昨今クローズアップされている著作権など知的財産権をめぐる争いなどの実例を通して、社会的影響力の大変大きな情報発信者としてのバランスのとれた倫理観を学習する。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
   コンプライアンス
 個人情報の保護
   知的財産
   著作権と肖像権
   意匠権と商標権
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
  クリエイターとしての倫理観
  ビジネス著作権能力(初級程度)
授業計画表
コンテンツ産業におけるコンプライアンス  
担当教員内容
第1回秋山雅和『オリエンテーション』
 コンテンツ産業の概要を知る。
第2回秋山雅和『重要キーワードの解説』
 コンプライアンス、知的財産、コンテンツ、メディア、とは?
第3回秋山雅和『個人情報の保護と肖像権』
 クリエイティブ活動に於いて注意すべき個人情報と肖像の扱い
第4回秋山雅和『著作物とは①』
 作品が著作物として保護されるためには。
第5回秋山雅和『著作物とは②』
 二次創作活動とTPPの動向
 非親告罪になると....
第6回秋山雅和『著作権とは①』
 著作権の構成
 著作権はたくさんの権利の束である。
第7回秋山雅和『著作権とは②』 
 著作者人格権の重要性
 作品を改竄されないために。
第8回秋山雅和『著作権とは③‐1』
 著作者財産権を理解する。
第9回秋山雅和『オリエンテーション』
 コンテンツ産業の概要を知る。
第10回秋山雅和『重要キーワードの解説』
 コンプライアンス、知的財産、コンテンツ、メディア、とは?
第11回秋山雅和『個人情報の保護と肖像権』
 クリエイティブ活動に於いて注意すべき個人情報と肖像の扱い
第12回秋山雅和『著作物とは①』
 作品が著作物として保護されるためには。
第13回秋山雅和『著作物とは②』
 二次創作活動とTPPの動向
 非親告罪になると....
第14回秋山雅和『著作権とは①』
 著作権の構成
 著作権はたくさんの権利の束である。
第15回秋山雅和『著作権とは②』 
 著作者人格権の重要性
 作品を改竄されないために。
第16回 『著作権とは③‐1』
 著作者財産権を理解する。
授業形式 パワーポイントや映像を活用して、コンテンツ業界で活躍できる防御武器を身につけさせる。
自分の作品を保護してくれる著作権や意匠権に関して実例をあげて判りやすく講義する。
講義の冒頭で、前回の講義内容の理解度を確認するテストを実施する。
成績評価方法・基準 中間テスト 30%
期末試験  70%

※繰り返し不正スキャンした学生には単位を付与しない。
テキスト(教科書) 『著作権法入門』 文化庁/著作権情報センター
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【中間試験】 11月21日2限
【本試験】   1月30日2限
 試験方法  筆記試験 
 受験条件  出席率70%以上
 試験実施日 上記日程 
 試験内容  講義内容に準じる。記述問題と○×問題で構成
 教科書のみ持込み可とする。

【追試験】
 試験方法  筆記試験 
 受験条件  出席率70%以上  
 試験実施日 対象学生と調整する 
 試験内容  講義内容に準じる。記述問題と○×問題で構成
 教科書のみ持込み可とする。

【再試験】
 試験方法  筆記試験 
 受験条件  こちらから指定した学生  
 試験実施日 未定
 試験内容  ○×問題を中心に
       正解率80%以上になるまでやり直し 
履修条件および学生へのメッセージ 自分で制作した作品を保護するため、また社会的信頼を失わないためにコンプライアンス、著作権をはじめとする知的財産権、メディアおよびコンテンツ等の基礎的な概念を身に付けください。

教室におけるルール
①講義中は私語を慎むこと。
②講義中に無断で退室しない。
③講義に関係ない作業をしない。

デジキャンに授業で使用するパワーポイントの写しをアップするので事前学習をしたうえで講義に臨むこと。
授業用E-mail akiyama@dhw.ac.jp