デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 メディア概論
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 前期 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 将来的にメディア、ICT、コンテンツの領域で仕事をする学生を前提に、メディアの歴史、社会的影響、文化など、それぞれのアプローチを包括的にカバーし、メディアに関わる全体像を学ぶことを目指す。また、近年増加をたどるコンテンツ教育について指定教科書を元に理解を進める。

授業概要(教育目的) 近代以降、技術と大衆社会を背景に発生・発展した、新聞、出版、放送などこれまでのマスメディア、マスコミュニケーション領域を、起源・構造的に明らかにしていくだけでなく、様々なデジタルメディア、インターネット、携帯電話なども含む、広義のメディアの概念を理解し、それらが形作る新しい地球規模の情報社会の課題を考えていくスキルを修得する。

また、近年増加をたどるメディアやコンテンツの教育の過去と未来について、指定教科書を元に授業を行う。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1、この授業を通じて習得するキーワード

メディアの歴史

コミュニケーション理論

ジャーナリスム

メディアリテラシー

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

メディアの歴史 中級

ジャーナリズム 中級

コンテンツ教育 初級
授業計画表
メディア概論  
担当教員内容
第1回高橋光輝メディアとは何か
第2回高橋光輝メディア・コミュニケーション
第3回高橋光輝声・文字のコミュニケーション
第4回高橋光輝印刷技術の誕生と宗教革命
第5回高橋光輝19世紀のメディア革命
第6回高橋光輝声のメディアとラジオ
第7回高橋光輝電話の誕生はいつだったか?
第8回高橋光輝誰が映画を誕生させたのか?
第9回高橋光輝ラジオ・マニアたちの社交圏
第10回高橋光輝テレビの登場と視聴者文化
第11回高橋光輝メディア技術と芸術
第12回高橋光輝マスコミュニケーション理論展開とその限界
第13回高橋光輝メディアを変革する知
第14回高橋光輝ソーシャルメディアの拡大
第15回高橋光輝試験
授業形式 本科目は、メディア業界の入り口を知る授業である。受け身でなく能動的な授業参加を求める。
成績評価方法・基準 最終試験を評価する。

授業の出席率での評価は行わない。
 
単位付与条件として、下記をあげる。
※以下を全て満たさなければ単位は付与しないので、注意する事。
 
1、出席率 70%以上
2、ES回答率が70%以上
2、グループワークのアウトプット
3、課題の全提出率
テキスト(教科書) コンテンツ教育の誕生と未来
テキストISBN番号 ISBN-10: 4862461328
ISBN-13: 978-4862461322
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・持込の可否  教科書、ノートの持込可能
・実施日 最終授業日に試験を実施



・実施日   最終授業で実施



・追試験の実施  無
履修条件および学生へのメッセージ 講義を主体とした授業。
授業冒頭で前回の授業のESのフィードバック。
授業終了10分前にESの記入。

本授業は、指定の教科書を用いて授業を行う。
必ず授業開講前に指定教科書を購入し、本授業の受講すること。
教科書を用意しない物は受講を認めない。
教科書を持参しない学生は欠席扱いとする。

また、原則学生のパソコンの使用を禁止する。学生はノートを持参し、メモを取ること。授業内無断退出や遅刻は必ず教員の許可を取って参加すること。帽子の着用なども禁止する。

携帯やゲーム機、音楽を聴くなど授業と関係のない行為、あるいは授業を妨害する行為を行った学生は、即刻退出させ以降、本科目の授業履修を認めない。