デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】映像撮影演習Ⅱ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) 撮影現場にて、的確にスタッフとしての役目を果たせる
知識と技術を身につける。
機材の取り扱いが的確にできるように
実践に即した撮影作業についての理解を得る。
演出や他のスタッフとのコミュニケーションを主体的に取り,
共同制作をリードし、積極的に映像制作に関わっていける心構えを持つ。
大学の共有機材を大切に、
ルールを守って使用する事を理解し、身につける。
授業概要(教育目的) ビデオカメラでの撮影に積極的な興味を持ち、専門知識と技術を駆使して作品制作を続けられる。
映像と音声を使って自分の表現したいことを正確に伝える事ができる。
映像の持つ表現力と芸術性を的確な技術を使ってバランスよく表現できる
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
カメラ操作
動画撮影
録音
照明
映像の構図
機材の選択
レンズの活用
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
ビデオカメラの取り扱い 中級
照明機材の取り扱い   中級
ビデオカメラでの撮影  中級
録音          中級
授業計画表
映像撮影演習Ⅱ  
内容
第1回講義の趣旨説明と概要。課題制作の流れ発表・グループのつくり方の説明
第2回グループ・作品企画発表・ビデオカメラ総論。HDとSDについて。記録フォーマットと記録媒体について
第3回台本・絵コンテ発表   GH3の機能解説と活用
第4回音声収録総論 映像にとって音声の役わり 効果的な収録を考える
第5回音声収録の実践 レコーダーを使った音声記録・マイクの特徴・編集ソフトへの応用W05
第6回課題発表・講評会 作品の魅力と改善提案を記入
第7回課題発表・講評会 作品の魅力と改善提案を記入
第8回グループ・作品企画発表
第9回照明総論 演習Ⅰを復習 レフ板なども活用した照明を理解し、実習
第10回撮影の実践と応用・カメラ・照明・音声の連携
第11回台本・絵コンテ発表
第12回撮影の実践と応用・カメラ・照明・音声の連携
第13回課題作品制作の仕上げW05
第14回課題発表・講評会 作品の魅力と改善提案を記入。
第15回課題発表・講評会 作品の魅力と改善提案を記入。
授業形式 機材など具体的な取り扱いを通して講義を進め知識整理と、実習。
ESの記入によるフィードバック
課題制作を主軸に置く
制作に当たってはグループワークをメインとする。
撮影の専門性を機材面、技術面から高めていく。
成績評価方法・基準 出席率 70%以下は、成績評価しない

ES提出 30%
中間課題 20%
最終課題 30%
受講態度 20%
提出課題は発想の柔軟さ、作業進行の計画性、
グループワークでの役割確認とその作業量を評価します
作品の直接評価及び過程の評価を合わせて行います
テキスト(教科書) 特になし
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・試験方法  課題プレゼンテーション 
・試験内容  課題作品上映およびプレゼンテーション ノート提出
・提出方法  課題作品を持参・提出・プレゼン
       チーム制作もしくは個人制作で映像作品を仕上げる。
・持込の可否  持込可
・実施日   講義日 第14回第15回に実施
・追試験の実施 状況により判断
・再試験の実施  無
履修条件および学生へのメッセージ ※シラバスが変更になる可能性があります

撮影技術を高める、機材を理解するという積極的な意志が必要。
映像撮影演習Ⅰの単位を取得が済んでいること。
撮影した素材を編集するために
「映像制作演習Ⅰ」「映像制作演習Ⅱ」の履修を勧める。
成績評価は出席の比重が大きいのでまじめに出席すること。
ESの参加を高く評価する。
7割以上の出席が無いと単位を認めない。
履修登録に事前課題の提出は必要ない。