デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 【閉講】動画演習
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 後期 講義区分 演習
基準単位数 4.00 時間 0
代表曜日 代表時限
科目分類名
科目分野名
年次
必修/選択


学習目標(到達目標) ・ 画力よりも動画の理解度を重視
・ 限られた時間数の中で課題をこなす集中力を養う
・ 2次元である絵を立体として捕え作画するには、物理の知識や広い視野が必要となる
授業概要(教育目的) ・ アニメーションの基礎を身につける
・ 作画(動画)する思考を養う
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード

アニメーション作画
動画

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル

アニメート(作画)力  初級
観察、洞察力      初級
授業計画表
動画演習  
担当教員各回タイトル内容
第1回福井智子アニメーションとは。1.アニメーションのできるまでの流れと、その中での動画について。作画(動画演習)に必要な道具(2回目までに購入するもの)の説明。※必ず出席すること。
第2回福井智子「止まっている絵を動かす」ということ2.【止まっている絵を動かすということ】絵を動かすという考え方をするための練習、またはその方法を考える。(セロテープ・ハサミ持参)
第3回福井智子課題①【振り向き①】動かすポイントと実践
第4回福井智子課題①【振り向き②】…課題提出①前回の続きと課題提出
第5回福井智子課題②【旗①】動かすポイントと実践
第6回福井智子課題②【旗②】…課題提出②前回の続きと課題提出
第7回福井智子課題③【立ち上がる①】動かすポイントと実践
第8回福井智子課題③【立ち上がる②】…課題提出③前回の続きと課題提出
第9回福井智子課題④【走る①】動かすポイントと実践
第10回福井智子課題④【走る②】…課題提出④前回の続きと課題提出
第11回福井智子課題⑤【歩く①】動かすポイントと実践
第一歩目
第12回福井智子課題⑤【歩く②】前回の続き
第13回福井智子課題⑤【歩く③】前回の続きから第二歩目
第14回福井智子課題⑤【歩く④~立ち止まる】前回のの続き
立ち止まる動作のポイントと実践
第15回福井智子課題⑤【歩く⑤~立ち止まる】…課題提出⑤前回の続き
課題提出
授業形式 動画を理解する為課題を通して説明し、それに従って作画(動画)して行く。また、プロが常識として行っているルールを学び身につける。提出課題のほかに課題を出し、「動きを想像する」きっかけとなるようにしていく。
成績評価方法・基準 ・第1回目は必ず出席してください(必要な道具についての説明の他、2回目以降の主な要点や成績評価について詳しく話します。)

・課題100%
テキスト(教科書) 無し
テキストISBN番号 無し
参考文献 「アニメーションの基礎知識大百科」
/神村幸子(グラフィック社・\2,800・978-4-7661-2060-8)
「増補 アニメーターズ・サバイバルキット」
/リチャード・ウィリアムズ(グラフィック社・\4,800・978-4-7661-2196-4)
「アニメーションの本」
/アニメ6人の会(合同出版社・\1,800・4-7726-0079-5)
期末試験の内容(提出方法・実施日) ・期末試験は行わず、授業内で課される5つ全ての課題の提出が必須となる。
・提出方法 基本的に講師に授業時間内に提出
履修条件および学生へのメッセージ ・「デッサン演習」「グラフィックデザイン演習I」を修得していること
・ 毎回、A4サイズのクロッキー帳と筆記用具を絶対持参の事。
・ 第2回目以降は第1回目の授業での説明・指導に従って、動画演習に必要な道具を購入し、持参する事。(購入費用の目安:約2万円~4万円)
・ 購入する道具の中でトレス台(ライトボックス)が最も高価ですが、すでに所有している場合はそれを持参して下さい。
・ 授業内で課題を提出するには出席率80%~100%が必至。(毎回口頭での出欠席の確認あり)