デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 韓国語Ⅳ【合】
(副題) ⅢⅣセット履修、【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 5限
科目分類名 外国語
科目分野名 その他
年次 2~3
必修/選択 自由選択(母国語は履修不可)

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 李泰文教員

学習目標(到達目標) 1) 状況に応じた表現を習得し,自分でも使えるようにする。
2) 本文に出てくる文型パタ-ンをマスタ-し,応用できるようにする。
授業概要(教育目的) 「韓国語Ⅰ」「韓国語Ⅱ」「韓国語Ⅲ」に引き続いて行い,様々の表現を学びながら言葉の習得とともに文化への理解も深めたい。
またできるだけ聞き取り練習も取り入れ,韓国語の自然なリズムを身につけられるようにしたい。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 韓国人と簡単な日常会話が出来る。
韓国へ一人旅を楽しめる。
授業計画表
 
年月日(曜日)時限担当教員内容
第1回平成29年11月29日(水)5限李泰文9.日常会話:許可や禁止の表現
第2回平成29年12月06日(水)5限李泰文10.日常会話:義務の表現
第3回平成29年12月13日(水)5限李泰文11.日常会話:丁寧な命令の表現
第4回平成29年12月20日(水)5限李泰文12.日常会話:意思の表現
第5回平成30年01月03日(水)5限李泰文13.日常会話:予定の表現
第6回平成30年01月10日(水)5限李泰文14.日常会話:語尾のタイプのまとめ
第7回平成30年01月17日(水)5限李泰文15.日常会話:変則活用の作り方①
第8回平成30年01月24日(水)5限李泰文16.日常会話:変則活用の作り方②
授業形式 テキストの本文に出てくる会話の発音や文法について解説したのち、パタ-ン練習を行い、本文会話を習得する。
成績評価方法・基準 出席率8割未満の学生は、評価対象から除外と不可にする
 (※公欠は1回までは認める)

1回のテスト        40%
課題・授業態度など平常点 10% 
テキスト(教科書) 李美賢 李貞旼 著、『楽しく学べる韓国語』、白水社、2600円
テキストISBN番号 ISBN978-4-560-01791-3
参考文献 副教材;長友英子 外、『文法をしっかり学ぶ韓国語』、池田書店、1800円 (ISBN 4-262-16854-9)

李泰文 外、『韓国語日常単語』、池田書店、1500円 (ISBN 4-262-16837-9)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 【Q4テスト】
□試験の方法(実施の有、筆記試験)
□受験条件(有、授業回数の2/3以上出席者)
□試験実施日・課題〆切り日(1月31日5限)
□内容 (試験の概要:文字と発音、自己紹介など)
□持込物の不可
履修条件および学生へのメッセージ 1) 本授業は韓国語Ⅰを終えた者,またはそれと同程度の学力のある者を対象とする。すなわち、ハングルを読み書きできること。
2) 教材の本文と文型は覚えるようにして下さい。
3) CDを何度も聴きながら朗読する練習を反復してほしい。
4) 課題は期日を守って提出しましょう。
5) 続けて欠席しても、あきらめないで次の授業には出席するようにしましょう。続けることが肝心です。