デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ContentEng_D_SA-B
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 5限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 2~3
必修/選択 選択必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ マーク エミール ベイヤーズ教員

学習目標(到達目標) 1. Learn some basic design principles
2. Be able to create a design and think critically about others' designs
3. Use design and computer related English, for example when asking for advice on a design or help with software use
4. To be able to rationalize (explain) the design they made in English
5. To improve their technical (software) skills,

1. デザインの基本原則を身につける
2. デザインを制作し、他者のデザインについて批評することができる
3. デザイン/ コンピューター関連の英語を使う。例えば、デザインに関するアドバイスやソフトウェアの使い方を聞くなど。
4. 自分で制作したデザインを英語で論理的に説明できる
5. (ソフトウェアの)技術的なスキルを高める

授業概要(教育目的) To learn basic design principles such as use of contrast, white space, movement, use of images and color etc. for layout; and lettering issues, such as font use, letter spacing and line spacing, etc. for text layout and logo design in English. Though this is not a technical class, students will learn or improve in English in their use of digital tools such as Photoshop, Illustrator, etc. through hands-on experience in practical tasks like designing a logo, a business card, etc.

コントラストや余白、動き、画像、配置用の色などのデザインの基本原理、およびフォントやテキスト配置用の文字/行間隔、ロゴデザインなどのレタリングについて英語で学ぶ。本科目は技術を学ぶコースではないが、学生はロゴや名刺をデザインするといった実践的な演習を通じて、フォトショップやイラストレーターなどのデジタルツールの使い方を英語で身につける。

授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) Communicating in English, graphic design, layout, typography, critiquing design, computer skills (e.g. Photoshop: cropping, sampling colors, etc.)

英語によるコミュニケーション、グラフィックデザイン、レイアウト、タイポグラフィ、デザイン批評、コンピュータースキル(フォトショップ、トリミング、色のサンプリングなど)

授業計画表
 
内容
第1回The basics of design: the elements that move the human eye across the page, mainly contrast, motion and noise

デザインの基本:人間の目を動かす様子:コントラスト、モーション、ノイズ
第2回Designing a list of names, e.g. of museum staff (text layout). Changing font size, spacing, alignment of type, using space.

名前のリストを設計する。博物館職員の(テキストレイアウト)。フォントサイズ、スペース、タイプの配置を変更、空白の使用。
第3回Designing a list of names, other elements: color text boxes, sampling a color from image used, overlapping, consistency/differentiation through use of font, dot leaders, etc.

博物館職員の正式な名簿を作成する。(その他の要素:カラーテキストボックス、イメージからのカラーサンプリング、オーパーラッピング(重複)、フォントや点線を使用した整合性、差別化など)
第4回Presentation and critiquing each other's work.

作品を発表し、お互いを批評する
第5回Designing a business card. Using the 'invisible box' method

名刺をデザインする。Invisible box (架空ボクス)の原理
第6回Presentation and critiquing each other's work.

作品を発表し、お互いを批評する
第7回Designing a banner. Banners are the top bar of a website that usually have a title, etc. Discuss choosing appropriate images, and choosing the appropriate part of the images for cropping; creating a hierarchy of weight for fonts, etc.

バナーを作成する。バナーは、ウェブサイトなどのトップバーで通常サイトのタイトルなどを設ける部分。適切なイメージの選び方、イメージの適切な部分の選び方、イメージの切り抜き方、焦点の当て方、またフォントの重さのhierarchy(ヒエラルキー階層)の作成方法も学ぶ。
第8回Midterm and review

中間試験
第9回Designing a CD box cover and CD cover picture. Choosing a good image. Cover picture, like ' 2nd page' should be related to box cover, cropping, etc.

CDボックスカバーとCDカバーのデザイン。ボックスカバーに良い写真を選んで、CDカバーは「第2ページ」と考えていい。トリミングなどに関連するコツも学ぶ。
第10回Presentation and critiquing each other's work.

作品を発表し、お互いを批評する
第11回Designing a structured page (as in a magazine). Create a feature page for your class or club. This time we will use more than one picture. You should use a combination of portraits and other photos to create a kind of bio of your team, club etc. Techniques such as captions for photos as well as grids or gutters will be introduced in addition to techniques learned so far such as overlapping, white space, contrast, etc.

構造化されたページ(雑誌など)を作成。クラス・メートまたはチーム、クラブなどのフィーチャーページを作成します。今回は写真2枚以上使う。肖像画と他の写真を組み合わせて使用して、チームやクラブのチームの紹介ページようなものを作る。写真のキャプション、グリッドやg ガター(溝)の使用方法を学び、さらにオーパーラッピング(重複)、ホワイト・スペース(空白)、コントラストなど、これまでに学習したテクニックも使用する。
第12回Presentation and critiquing each other's work.

作品を発表し、お互いを批評する
第13回Principles of logo design. Choosing a font appropriate for the client. Unity is important for logs, so gradients are not recommended.

ロゴデザインの原則。クライアントに適したフォントの選び方。調和はロゴ作成で重要要素であるためグラデーションの使用は推奨されない。
第14回Design a logo for your own company. Use of font, character spacing and line spacing techniques, etc. will be introduced.

自身の会社のロゴを作成する。フォントの使用、文字間隔や行間隔などの技術を紹介する。
第15回Presentation and critiquing each other's work.

作品を発表し、お互いを批評する
第16回Final exam.

期末試験
授業形式 Slide presentations to explain design theory, such as contrast, movement, noise, etc. Students will be supplied with an image or copy (text) with which they will lay out a page, etc., during class, and the teacher will give advice etc. Students will present their designs to the class on the overhead and will critique each others' designs.

スライドを用いてコントラストや動き、ノイズなどのデザイン理論を説明する。学生はある画像や語句をページにレイアウトし、教員がアドバイスを与えるなど行う。学生はプロジェクターでクラスメートに自分のデザインを発表し、お互いのデザインを批評する。

成績評価方法・基準 1. Completed designs: 25%
2. Presentation about design: 25%
3. Overall participation and communication efforts (including asking for help or advice in English etc.): 30%
4. Final exam: 20%

1. デジタルデザイン作品: 25%
2. デザインについてのプレゼンテーション: 25%
3. 全体的な授業への参加とコミュニケーションを取る努力(英語で助言を求めることなどを含む): 30%
4. 期末試験: 20%

テキスト(教科書) None

なし

期末試験の内容(提出方法・実施日) A short exam testing 1) knowledge of definition etc. of some concepts learned in class such as contrast, motion, white space, etc. 2) ability to critique a design or rationalize a design.

次の点に問うミニテストを授業内に行う: 1) コントラストや動き、余白などの授業で学んだ概念の定義などの知識、2) デザインを批評または論理的に説明する能力

履修条件および学生へのメッセージ This is an introductory course so you don't need to have any experience, we will provide you with the images and graphics and help you build designs, from simple business cards, step by step, through to a full page of a publication, etc. We will do it all in English too (we can use Japanese when we are stuck, though), so you can kill two birds with one stone.

本科目は入門コースですので、経験は不要です。提供された画像やグラフィックスを使って、簡単な名刺から出版物の1ページに至るまで段階的にデザインを構築していきます。また、これをすべて英語で行いますので(困ったら日本語も使えますが)、まさに一石二鳥です。

授業用URL http://www.digmarc.com/index2.htm
参考URL 1 http://www.digmarc.com/index3.htm
参考URL 2 http://www.lifebuzz.com/logos/
授業用E-mail beyers.marc@dhw.ac.jp
参考E-mail 1 beyers.marc@gmail.com