デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ContentEng_C_SA-B
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 3限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 2~3
必修/選択 選択必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 江幡真貴子教員

学習目標(到達目標) この授業により、異文化間、多文化間コミュニケーションに長けるようになり、社会で様々な人と理解し合えるようになることを目標とする。

The goal of this class is to produce a number of students who can deeply understand what intercultural communication is, and will be able to use the knowledge acquired in this class to establish a great relationship with people.
授業概要(教育目的) この授業は、異文化間コミュニケーション(文化、価値観、ジェンダーに関わる)について英語で理解していく。

90分×16回


You will learn about intercultural communication related to culture differences, various values, and gender issues in English in this class.

This class meets 90 minutes × 16 weeks
授業計画表
 
内容
第1回文化と自分の発見① Culture and You
第2回文化と自分の発見② Culture and You
第3回カルチャーショックと文化衝突① Culture Shock and Conflict
第4回カルチャーショックと文化衝突② Culture Shock and Conflict
第5回異文化理解① Understanding Different Culture
第6回異文化理解② Understanding Different Culture
第7回第一回プレゼンテーション 1st Presentation
第8回第一回プレゼンテーション 1st Presentation
第9回ジェンダー問題① Gender Issues
第10回ジェンダー問題② Gender Issues
第11回男と女① Men and Women
第12回男と女② Men and Women
第13回人種について① Race
第14回人種について② Race
第15回第二回プレゼンテーション 2nd Presentation
第16回第二回プレゼンテーション 2nd Presentation
授業形式 ※ ほぼ英語で授業を行う。(日本語でのアシストあり。)
成績評価方法・基準 授業態度 40%
Participation

1プレゼンテーション 30%
1st Presentation
2プレゼンテーション 30%
2nd Presentation
履修条件および学生へのメッセージ 受身的でなく自発的な学生に参加して欲しい。
Not passive but motivated students are wanted.

■ 教員連絡先
dhucocomaki@yahoo.co.jp