デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ContentEng_B_C-E
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 4限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 2~3
必修/選択 選択必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ ジェームス チャールトン教員

学習目標(到達目標) *Learn about videogames, characters, systems in English
*Learn about videogame jobs
*Review a video game
*Learn about games from overseas
*Make a presentation about games
英語でビデオゲームや登場するキャラクター、システムについて学ぶ
ビデオゲームに携わる仕事について学ぶ
英語でゲームの簡単なレビューを書く
海外のゲームについて学ぶ
ゲームについてプレゼンテーションする
授業概要(教育目的) The course will introduce students to various aspects of video game culture and business, e.g. genres, jobs, localisation, reviewing, and history. Students will have an opportunity to discuss games in English, learn about the differences between Japanese and English versions of games.
このコースではジャンル、仕事、ローカライズ、レビューの仕方や歴史など、ビデオゲームの文化やそれに携わるビジネスなどゲームの様々な側面について紹介する
このコースを受講する生徒は英語でゲームについてディスカッションしたり、ゲームの日本語バージョンと英語バージョンの違いについて等学ぶ
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) Videogames, gaming, genres, localising, systems, consoles, handhelds, smartphones, mobile games,
ビデオゲーム、ゲーム、ジャンル、ローカライズ、システム、家庭用ゲーム機、携帯用ゲーム、スマートフォン、モバイルゲーム、
Translating, presentation skills, discussion skills
翻訳、プレゼンテーションスキル、ディスカッションスキル
授業計画表
 
内容
第1回Gaming genres in English
英語でのゲームジャンルの紹介
第2回Talking about your favourite games and genres
自分の好きなゲームやジャンルについて話す
第3回Famous video game characters in English
有名なビデオゲームのキャラクターについて英語で話す
第4回Famous video game differences: Japanese Vs English
日本と諸外国における有名なビデオゲームの違い
第5回Videogame consoles history
家庭用ゲーム機の歴史について
第6回Videogames consoles
家庭用ゲーム機ついて
第7回Smartphone gaming in English
英語でスマートフォンゲームをする
第8回Videogame jobs
ビデオゲームに携わる仕事
第9回Localising games
ゲームをローカライズする
第10回Game reviews
ゲームレビュー
第11回Your game review
自分でゲームのレビューを作成する
第12回Gaming websites
ゲームのウェブサイトについて
第13回Importing games from overseas
海外からのゲームの使用について
第14回Presentation work
最終的なプレゼンテーションの準備
第15回Final presentations
最終プレゼンテーション
第16回Final presentations
最終プレゼンテーション
授業形式 Digital presentations using the NearPod application, group discussions, individual presentations
ニアポッドアプリを使ったプレゼンテーション、グループディスカッション、個人でのプレゼンテーション
成績評価方法・基準 Class participation 40%, homework 30%, final presentation 30%
授業への貢献度40%、宿題30%、最終プレゼンテーション30%
テキスト(教科書) Legends of Localisation Passport Booklet by Clyde Mandelin (Passport can be ordered online at
http://www.fangamer.com/products/legends-of-localization-zelda-book ,
need for lesson 3 onwards, more information in lesson 1)

『Legends of Localisation Passport Booklet』 Clyde Mandelin 著
同上のリンクにて購入可能。レッスン第3回目より授業にて使用。詳しくは第1回目の授業にて説明あり。
テキストISBN番号 978-0-9845032-7-8
期末試験の内容(提出方法・実施日) PowerPoint Presentation on the topics discussed on the course.
授業の中で紹介されたトピックについてのパワーポイントプレゼンテーション
履修条件および学生へのメッセージ Students are required to have a keen interest in learning gaming history and terminology in English. Students must bring a personal computer and a smartphone to each lesson. Additionally, it is important to try to communicate in English and discuss the topics in class.
このコースを受講する生徒は、英語でゲームの歴史や専門用語などを学ぶことに興味があることが求められる。パソコンとスマートフォンを毎回各自持参すること。授業で積極的に英語でコミュニケーションをとったり、トピックについてディスカッションしたりする事も必要とされる。

james.charlton@dhw.ac.jp