デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 ContentEng_A_SA-B
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 4限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 2~3
必修/選択 選択必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ レジナルドマデス教員

学習目標(到達目標) THE LANGUAGE AND BUSINESS OF FILM
This course explores the world of the filmmaker as “auteur” (author) of a cinematic work and the tools which he uses. This course also focuses on the terms and language used in the English speaking film world and how film is used as a language for communicating messages by the director.
このコースは映画監督、プロデューサー、脚本家の役割、及び、映画制作過程を重点的に学ぶ。
映画の歴史(スタイル、時代等)を学び、どのように現在の映画に反映されているのかを学ぶ。

試作および制作計画: 学生は絵コンテや制作など計画過程を調べる。(グループワークを通じて生徒がそれぞれの役割をこなす。)
グループ毎に1-2ページの原稿を基に撮影を予定している。その際、同じ内容の原稿をグループそれぞれが独自の企画、撮影、編集をする。

基本カメラ技法、照明、音響技術指示。撮影監督の役割を学ぶ。
短い脚本技術を研究する。アイデア出しの後シンプルな短い原稿を書く。これらの原稿はカメラ、照明、音響技術を学ぶための演習にも代用され る。          
      
将来、授業外で(映画)プロジェクトを展開することを希望する学生は、その準備を始めることも可能である。その際、前期末までにそのプロジェ クトのアイディア及び計画を報告すること。  
授業概要(教育目的) Students will be able to learn about all the basics of film planning and producing, from first “pitching an idea”, to writing a treatment, to pre-production planning and production. All during this time, students will be building the English skills necessary to understand and utilize basic concepts of filmmaking.
映画特有言語の探索: 映画とは視覚的媒体、つまり映像を通じてストーリが語られる。このコースではどのように映像が言語化し、どのように映画監督の考えを伝えるために英語が活用されるのか楽しみながら理解を深める。ここ数十年の間、映画の進歩は目紛るしい。結果、映画制作に使用される言語(英語)も増大している。映画監督が映画にどのようなイメージやメッセージを込めているのかをデザイナー、撮影監督、俳優などに正確に伝えるためにも、映画専門用語(英語)を正しく理解する必要がある。授業では学生がまず始めに映画専門用語を学び、ハリウッドの映画産業で現在活躍する人々のように映画専門用語を駆使できるよう指導する。 

学生は様々な楽しい演習を通じて映画に関する知識や興味を共有し、英語を学ぶ。             
学生は授業で多くの映画の一部を見ながら、映画監督がどのようにイメージやメッセージを伝えるのか学ぶ。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) filmmaking, pre-production planning, film production, English film language terms, visual language of film
授業計画表
 
内容
第1回L1: Introduction to course; Workbook 1: Role of Film Director; Elements of a story; Film terms (vocabulary);
第2回L2: Elements of a story; Story Planning (Project 1); 同じ短い脚本を受け取り、グループ毎に企画をする。(Exercises: Film Identity Cards; Hollywood style vs. Japanese Style)
第3回L3: Developing Story Idea; Workbook 2: Camera Angles; Film Terms
第4回L4: Understanding Camera Angles; Making a story treatment
第5回L5: Review Quiz; Mise-en-scene (Video clip); Workbook 3: Story Pitching; Film Terms
第6回L6: Practicing Story Pitching; Mise-en-scene (Video clip)
第7回L7: Rehearse Story Pitches
第8回L8: Story Pitch Meeting session (End of Project 1)
第9回L9: Workbook 4: Pre-Production Planning; Film Terms; Choose a film idea (Project 2)
第10回L10: Pre-Production Planning; Storyboarding
第11回L11: Storyboarding for Project 2); Workbook 5: Film Crew Roles; Film Terms
第12回L12: Review Quiz 2; Workbook 6: Film Lighting/Camera; Film Production meetings (Groups)
第13回L13: Mise-en-Scene (Costume, Sets, Actor/Camera Blocking)
第14回L14: Workbook 7: Film Editing; Film Terms; Film Project Production (Groups)
第15回L15: Film Project Post-Production
第16回L16: Final Written Exam: Film Project Screenings (Groups)
授業形式 Students learn English film terms and the visual language of filmmakers by participating in group projects and assignments inside and outside of the classroom. Therefore, it is necessary for students to be reliable and make an equal effort while working in groups. Any problems which involve an individual student will effect that student's grade.
成績評価方法・基準 Participation 40%
Production Project 20%
Quizzes 15%
Final Presentation/Written Exam 25%
テキスト(教科書) Teaching materials will be provided by the teacher during class.
テキストISBN番号 Not Applicable
参考文献 Students should always bring an English dictionary or electronic dictionary to class and prepare to keep a list of new words learned.
期末試験の内容(提出方法・実施日) Final exam will be a written exam on the 15th or 16th lesson.

Film Screening of each group's short film project will be on the 16th lesson. If a student is unable to complete a short film project, the student must tell the teacher 2 weeks before Final Presentation, where another final project assignment can be arranged.

Final projects will be presented on the 16th lesson of the term.
履修条件および学生へのメッセージ Students for this course will be in the SA-B Core English level.

Teacher's contact: chebre_cine2000@yahoo.co.jp