デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 CoreEngⅠEAP-A1
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 3限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 1
必修/選択 必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
講師◎ 土田武宏教員

学習目標(到達目標) 本コースの主な学習目標は次の通りである:
1. 大学レベルのフォーマルなアカデミック英語の基礎力を養う
2. 論理的な英文エッセイを書く能力や学術的な英文テキストを読み解く能力を磨く
3. 1年次の学習を通じてIELTSスコア5.0の取得をひとつの目安とする
授業概要(教育目的) 世界中の高等教育機関で英語力の証明・基準として採用されている英語検定IELTS(アイエルツ)を教材として、大学レベルでの学問修得に必要なアカデミック英語の基礎を学ぶ。言語4技能のうち、特に文字媒体のスキル(ライティングおよびリーディング)の演習を数多く行うと同時に、正確な理解と伝達を支える文法的知識の再整理や語彙力アップに取り組む。また、2年次後半からの留学(専門・語学)に必要な世界基準のスコア取得も視野に入れる。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) アカデミック英語基礎
英文ライティング中級
英文リーディング中級
英文法中級
授業計画表
 
内容
第1回Introduction / [Grammar 1] 基本英作文 1
第2回[Reading 1] Passage 1 (Part 1)
第3回[Grammar 2] 基本英作文 2
第4回[Reading 2] Passage 1 (Part 2)
第5回[Grammar 3] 品詞 1
第6回[Listening 1] Test 3 Listening Section 1 (Part 1)
第7回[Grammar 4] 品詞 2
第8回[Listening 2] Test 3 Listening Section 1 (Part 2)
授業形式 ペアワークおよびグループワークを積極的に取り入れて、双方向的な授業を行う。
成績評価方法・基準 授業参加態度: 50%
復習小テスト: 15%
課題: 35% (授業内で指示する)
テキスト(教科書) IELTS Trainer Six Practice Tests with Answers and Audio CDs. Cambridge University Press.
テキストISBN番号 978-0521128209
参考文献 キクタン Basic 4000 改訂版 アルク
期末試験の内容(提出方法・実施日) 実施しない
履修条件および学生へのメッセージ 知的好奇心を持って楽しく大学レベルの英語を学んでいきましょう。
授業用E-mail tsuchida@dhw.ac.jp