デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 CoreEngⅢProA-1
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 2限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 1
必修/選択 必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ ジェームス チャールトン教員

学習目標(到達目標) To be able to create a 8 minute speech in pairs
To be able to create a 10 minute group project.
授業概要(教育目的) This is a required course of all first grade students, focussing on English prepared speech i.e. presentation skills. You will need to make a speech and a personal project.
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) Prepared speech, speech skills (Keywords, speech, project)
授業計画表
 
内容
第1回Textbook / worksheets #8
第2回Textbook / worksheets #8
第3回Textbook / worksheets #9
第4回Textbook / worksheets #9
第5回Textbook / worksheets #10
第6回Textbook / worksheets #10
第7回Speech preparation
第8回Test (Speech)
第9回Textbook / worksheets #11
第10回Textbook / worksheets #11
第11回Textbook / worksheets #12
第12回Textbook / worksheets #12
第13回Textbook / worksheets #13
第14回Textbook / worksheets #13
第15回Project creation
第16回Test (Personal project)
成績評価方法・基準 Participation: 40%
Speech (fluency, pronunciation, vocabulary, speech skills): 30%
Project: 30%
テキスト(教科書) Speaking of Speech (New Edition), Macmillan
テキストISBN番号 978-0230726017
期末試験の内容(提出方法・実施日) 8 minute speech and 10 minute group project. TOPICS: (1) Memorable event (2) Japanese culture
履修条件および学生へのメッセージ Please bring a computer or tablet, plus a paper notebook and pen. Let's try and make a presentation in front of the class in English, try not to be nervous!

教員連絡先:james.charlton@dhw.ac.jp