デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 CoreEngⅣComD-2
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 4 Q 講義区分 講義
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 2限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 1
必修/選択 必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 江幡真貴子教員
非常勤講師谷洋子教員

学習目標(到達目標) 20から23のSPEAKING GOALSをマスターすることを目標とする。
20.自分の気持ちを表現することができる。
21.簡単な約束をすることができる。
22.興味・関心のあることについて、自分の考えを述べることができる。
23.自分の将来の夢や希望について、話すとこができる。

英語で自己表現ができるようになることを目標とする。
授業概要(教育目的) この授業により、英語でのコミュニケーション能力を高め、異文化理解、異文化交流ができるようになることを目的とする。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 日常会話
コミュニケーション能力
授業計画表
 
内容
第1回実践的英会話練習・ Unit 12
第2回実践的英会話練習・ Unit 12
第3回実践的英会話練習・ Review
第4回実践的英会話練習・ Review
第5回Grammar check & Speaking activities
第6回Grammar check & Speaking activities
第7回中間試験
第8回中間試験
第9回Grammar check & Speaking activities
第10回Grammar check & Speaking activities
第11回Grammar check & Speaking activities
第12回Grammar check & Speaking activities
第13回Grammar check & Speaking activities
第14回Grammar check & Speaking activities
第15回期末試験
第16回期末試験
成績評価方法・基準 授業参加点 40点

中間試験 30点

期末試験 30点
テキスト(教科書) Get Real! new edition Student Book 1 : MACMILLAN
テキストISBN番号 978-0-230-44708-0
期末試験の内容(提出方法・実施日) 担当教員との英会話試験及びペアまたはグループによる英会話試験
履修条件および学生へのメッセージ この授業により、英語をより好きになり身近な物にし、英語で多くの人々とコミュニケーションを取れるようになって欲しい。