デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 CoreEngⅠCom-B1
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 1限
科目分類名 外国語
科目分野名 英語
年次 1
必修/選択 必修(一般学生)/自由選択(留学生)

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ ラガベンダラカジャ教員

学習目標(到達目標) The objectives for this course are as follows:  
本コースの目的は下記の通りです:

あやまったり、お礼を言ったりすることができる。(例 : I’m sorry. / Thank you.)

日常生活の身近な数字を言うことができる。(電話番号、時間など)

日常生活の身近な話題について、Yes / No で答える質問に応答することができる。(「好き」「嫌い」など)

日付や曜日を言うことができる。

相手の言うことがわからないときに、聞き返すことができる。(例 : Pardon? / Could you speak more slowly?)

簡単な質問をすることができる。(時刻、好きなもの、相手の名前など)

簡単な自己紹介をすることができる。(名前、住んでいるところ、家族など)

Students will enhance their current English vocabulary through weekly vocabulary exercises.
毎週行う練習問題を通して英語の語彙力を強化する。

Students will become more globally conscious by completing activities that focus on global themes.
国際的題材の課題を成し遂げていくことで、グローバル意識を高める。

Students ability to communicate their ideas and opinions will increase through in class communication with other students.
自分のアイデアや意見を発信する能力を、クラスメートとのコミュニケーションを通して養う。
授業概要(教育目的) This course will increase students' ability to express their ideas and opinions in English on a variety of themes. The course will use both real-world and computer-based activities to assist students with developing the necessary skills to discuss topics relative to their lives and their studies.
本コースでは、様々な題材において、アイデアや意見を英語で表現する力を養います。課題は、コンピュータを使用するもの、使用しないもの、両方ありますが、どれも学生の生活や学業に関連したトピックについて論じるのに必要な技能を高める、その助けとなるものです。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) Greetings 挨拶
Express gratitude 感謝の気持ちを伝える
Apologize 謝る
Cardinal and Ordinal numbers 基数と序数
Likes and dislikes 好き嫌い
Self-introduction 自己紹介
授業計画表
 
内容
第1回Introduction Accounts Set-up (textbook) Essential English
第2回Unit 1 Online studies Vocabulary Development Communication Skills
第3回Unit 1 Online studies Vocabulary Development Communication Skills
第4回Unit 2 Online studies Vocabulary Development Communication Skills
第5回Unit 2 Online studies Vocabulary Development Communication Skills
第6回Unit 3 Online studies Vocabulary Development Communication Skills
第7回Unit 3 Online studies Vocabulary Development Communication Skills
第8回Final Assessment-Interview Test
授業形式 This course will use an active learning approach to learning focusing on communication skills along with vocabulary development. Students will work in pairs and small groups to complete activities with some individualized work being completed. Students will also complete work online both inside and outside of class.
本コースはアクティブラーニングの学習法を用い、語彙を増やしながら、コミュニケーション能力に焦点を当てていきます。学生は、ペアや小グループでの課題と併せて、個別にも課題を完了させます。加えて、授業の内外で課される、オンラインの課題もあります。
成績評価方法・基準 Participation/授業への積極性: 40%
Weekly Assessment/週毎の評価:30%
Final Assessment/最終評価:30%
テキスト(教科書) Smart Choice Third Edition Book 1, Oxford University Press (第一回目の授業にテキストを必ず持参すること。テキストを購入しなければ、単位は修得できません)
テキストISBN番号 978-0-19-460264-8
履修条件および学生へのメッセージ Only “Core English B” students can take this course.
本学よりCore Englishレベル「B」の判定を受けている者のみ履修可。

Please bring your computer or a digital device to the 1st class.
第一回目の授業に自分のコンピュータ、タブレット、スマートフォンのうち、いずれかを持参してください。

All students including repeaters, must purchase a text book and bring to class every lesson.
各々テキストを購入し、毎回持参することが必須です。再履修者も必ずテキストを購入の上、毎回持参してください。

E-mail address: kajapapa@yahoo.co.jp