デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 心理学
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 4限
科目分類名 教養
科目分野名 社会性/現代社会
年次 2~4
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 吉田 彩衣子 教員

学習目標(到達目標) 自分の心の動きについて気づき、それを踏まえて周囲とコミュニケーションをとる際のポイントを掴む。
授業概要(教育目的) 心理学とは何かを知り、今後の人生において様々な状況に応じて役立てられるよう、セルフケアの大切さと基本を学ぶ
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 心の動きが自分にどのように影響を与えているかに気づく。誰もが心の動きに特徴があり、それを踏まえて互いに気持ちよく過ごすための心の在り方を考える。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回心理学ってなに?どんな風に役立てればいいの?代表的な心理学について知る。自分との接点などを考えてみる。
第2回セルフケアの必要性を理解するストレスから起こりやすいメンタル疾患を知る。ストレスが起きるメカニズムを知る。自分のストレスに気づく。
第3回自分を知る自分の心がどのように動いているのか、見てみる。
第4回自分を知り、他人も理解するリフレーミングを通して、多様性を受け容れる練習をし、様々なものの見方や感じ方ができることを知る。
第5回自分を知り、他人も理解する5人の心理ゲームを通して、人には様々な価値観があるが、違うことは大切なことであり、そのために関係が深まることを理解する
第6回自分を理解してもらうにはストレスフリーな関係づくりに大切なコミュニケーションのひとつとして、アサーティブコミュニケーションを練習する
第7回自分を理解してもらうにはストレスフリーな関係づくりに大切なコミュニケーションのひとつとして、アサーティブコミュニケーションを練習する
第8回自分のトリセツまとめ全7回を通して気づいた自分の特徴や効果的なストレスコーピング、ストレスフリーなコミュニケーション方法をまとめる。
成績評価方法・基準 出席6回以上(50%)、ワーク参加(20%)、レポート提出(30%)
期末試験の内容(提出方法・実施日) テーマに沿ったレポート、または作品
履修条件および学生へのメッセージ 人生には様々な局面が訪れますが、自身を失わず大切にし、他人も大切にしていくための心の在り方を一緒に学びましょう。