デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 超ファッション進化論
(副題) (旧:ファッション論)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 土曜日 代表時限 3限
科目分類名 教養
科目分野名 知の源泉/現代文化
年次 2~4
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ Olga  教員

学習目標(到達目標) ファッションの基礎的な知識から最新テクノロジーとの融合までの歴史を学び、 クリエイターとしての教養と応用力の幅を広げ、 プロとして実践に生かせる力を養う。
授業概要(教育目的) ファッションの基礎的な知識と現在までの歴史を学び、最新のファションとテクノ ロジーの事例を挙げて比較、理解する。さらにはそれを自分のアイディアを元に 応用できる能力を身につける。 デジタルとファッションはどこまで融合できるのか、アイディアワークまでを行う。 なお、この講座は、講義内容改善のために逐次変更となる可能性がある。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) ファッション/ファッションテック/デザインエンジニアリング/ウェアラブルデバイス/メディアアート 上記のキーワードに興味があり、自分の見解とアイディアを広げるスキル
授業計画表
 
年月日(曜日)時限各回タイトル内容
第1回平成30年04月07日(土)3限ファッションの歴史とデザインプロセス、最新事例の紹介。今後の授業展開につ いて説明。ファッションの基礎的な歴史とデザインプロセス、最新テクノロジーま での事例を学ぶ。
第2回平成30年04月14日(土)3限3Dパターンメーキングと服作りのプロセスを学ぶファッションの基礎的な服作りのプロセスと3Dパターンメーキングソフトウェアを使った服作りの事例を比較する。
第3回平成30年04月21日(土)3限導電性接着剤を使った最新事例+アイディアワーク導電性接着剤を使った事例と、実際にものを触ってみて体験し、アイ ディアワークを行う。
第4回平成30年04月28日(土)3限導電性繊維を使った最新事例+アイディアワーク導電性繊維を使った事例と、実際にものを触ってみて体験し、アイ ディアワークを行う。
第5回平成30年05月05日(土)3限ファッションコミュニケーション最新事例(ジャンルとトレンド、購買行動の変化)+ アイディアワークファッションのジャンルとトレンドの変化、そして購買行動は密接に関 係している。多種多様なファッションECサイトの事例を見ながら、 ファッションを通したコミュニケーションがどう進化しているのかを理 解し、この後のグループワークに生かす。
第6回平成30年05月12日(土)3限自己表現としてのファッション/コンセプトメイキング /プレゼン準備自己表現としてのファッションを理解し、最終プレゼンテーションのコ ンセプトメイキングに生かす。
第7回平成30年05月19日(土)3限これつかってアイディアソン/グループワーク/プレゼン準備個人プレイも可。コンセプトメイキングの事例を元に、現在まで紹介 た事例を使って、自分ならこう使うというアイディアを展開。既に個人 でファッション関連でやりたいことがある人は、ここで色んな人の意 を聞くのもいいと思います。
第8回平成30年05月26日(土)3限最終課題プレゼンテーション授業内で最終課題のプレゼンを行いま す。全員の投票により、最優秀賞を決めます。
成績評価方法・基準 課題提出率 70%以上の者を評価する。授業内での課題提出による評価。最終 日のプレゼンテーション(最終提出課題)による評価。成績評価は平均60点以上 に対して単位を与える。
参考文献 人と「機械」をつなぐデザイン/IPM革命論序説
期末試験の内容(提出方法・実施日) 授業態度50 課題50 *なお出席については、70%以上の出席が無い者につい ては、不可とする。