デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 音と光の環境計画
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 4限
科目分類名 教養
科目分野名 知の源泉/自然科学
年次 2~4
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 関口克明教員

学習目標(到達目標) プレゼンテーション等に際して、より創造力豊かにリアリティーのある空間表現ができるようになることを目的としている。そのために必要な工学的な基礎事項を、総合的に理解することにより応用力が身に着くことを期待している。
 授業においては、室内空間の音や光・色に対する物理的な量と心理的な印象を結び付けながら、適切な事例を通して検証を試み、新たな空間の創造に結びつけられるように構成している。
授業概要(教育目的) 視覚や聴覚における物理的な刺激の大きさと、心理的な感覚の大きさの基本的な法則を理解し、日常的な生活環境の的確な評価ができるようになる。
 ”音”環境については、①基本評価量としてのデシベルを理解し、簡単な計算ができる。②室内や屋外における音の伝搬と音のレベルをイメージできる。③空間の形態や仕上げ材料から室内の響きの量を予測ができる。 ”光”環境については、①光・色彩の物理的な解釈と基本量を理解できる。②窓開口(昼光)や照明器具(人工光源)の配置と空間構成を関連づけて空間の明るさを予測・イメージできる。③光源色・物体色の特性を踏まえて色彩体系を理解すると共に、④色覚のハンディキャップ者に対して、色彩・照明計画で配慮すべき点が理解できる。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
・音の大きさとデシベル尺度・デシベル計算
・室内・外における音の伝播
・吸音材と残響計画
・光とは、光源色と物体色
・色覚の多様性と色彩のバリアフリー
・人工光源と演色性
・採光・照明計画と照度分布

2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
・室内音響設計     初級程度
・室内採光・照明計画  初級程度
授業計画表
 
時限担当教員各回タイトル内容
第1回4限関口克明 1. 刺激と感覚の世界・授業の内容と進め方および本講座の総合的な主旨
[音の大きさとデシベル尺度]
①刺激と感覚[聴覚の生理]
②“Weber-Fechner の法則”とデシベル尺度(音の刺激と大きさ、音階と周波数)
③音のレベルの合成(図による近似計算)
第2回4限関口克明2. 屋外における音の伝搬[音源からの距離と音の大きさの感覚]
①音の基礎(音の種類、 周波数と音の大きさ) 
②音の伝搬と減衰(音源の形状と伝播の特性) 
③障壁における音の減衰
第3回4限関口克明3. 室内における音の伝搬[壁の仕様と残響時間]
①壁面における音の反射・吸音・透過について
②吸音率・吸音力と音の響き(残響時間の定義と予測)
③建築材料の音響特性
第4回4限関口克明4. 空間の響きと残響時間[室内音響計画と響き] 
①いろいろな空間の響きについて、 
②空間の形態と音の響きの好ましさ
③シミュレーション技術による音の視覚化 
④残響時間の設計と検討
第5回4限関口克明5. 光と色彩の基礎①光とは(電磁波と可視光、黒体放射と太陽の放射スペクトル)、 
②視覚の生理と色の感覚、 
③色覚の成立(三原色説・反対色説)、 
④三刺激値によるXYZ表色系、
⑤xy色度図、均等色空間をイメージする。
第6回4限関口克明6. 色彩の心理と配色①色彩の表示(混色系、顕色系、マンセル、PCCS)、 
②様々な色知覚(錯視・対比と同化)、 
③色彩の心理と配色(配色と調和、配色技法)、 
④色覚の障害に配慮すべきこと
第7回4限関口克明7. 光の基本量と空間の明るさ①光の基本量(光束、光度、輝度、照度)ほか、 
②室内空間における明るさ感の評価(光環境に対するアンケートから [照度・輝度分布、ベクトル・スカラー比])、 
③窓開口の配置と室内の明るさ感の評価
第8回4限関口克明8. 明視環境と照明①明視の4条件と照明  
②人工光源の種類と発光色の特徴[白熱電球、蛍光灯、高輝度ランプ、LED、他]、
③発光効率、分光スペクトルと光源の演色性
授業形式 自然科学系の講座であり、知識の定着も基本の課題である。そのため講義ごとに、事前に資料を配信し学習した状態で授業に臨む。 毎回、学習効果を確認するために簡単なレポートや演習を行い、必要に応じてグループワークで課題に取り組む。
成績評価方法・基準 レポート 60 %(演習+課題評価を含む)
期末試験 40 %(筆記試験)
テキスト(教科書) 教科書は特にない。
必要な資料は適時配布する。
参考文献 音関係:
・建築音響と騒音防止計画、木村翔著、彰国社
・建築の音響設計、永田穂著、オーム社
光関係:
・建築光環境・視環境、平手小太郎著、数理工学社
期末試験の内容(提出方法・実施日) [本試験]の実施
 (試験方法)
 ・“音”については課題提出、“光/色”については筆記試験を実施する。
 (課題提出:音[第1回~第4回])
 ・提出条件:期間中の演習出席率70%以上を目安とする。
 ・課題締切日:11月21日(火)、4時限目
 ・課題内容:”空間(室内)の残響計画”について指定用紙(配布)により提出
 (筆記試験:光/色[第5回~第8回])
 ・受験条件:期間中の演習出席率70%以上を目安とする。
 ・試験実施日:11月21日(火)、4時限目
 ・試験内容:範囲は“光/色”とする(1時間)
 ・持込物の制限:学生証および筆記具のみ持込可

[追試験]の実施
 ・演習出席率に関する客観的条件が満たされた場合に筆記試験を実施する
 ・試験実施日:未定
 ・試験内容、持込物の制限については[本試験]に準ずる

[再試験]の実施
 ・出席率に関する客観的条件が満たされた場合に筆記試験を実施する
 ・試験実施日:未定
 ・試験内容:範囲は“音・光/色”とする(1時間)
 ・持込物の制限については[本試験]に準ずる
履修条件および学生へのメッセージ ・履修条件:特になし
・身近な日常の空間も、工学的な視点から改めて空間を見直す心掛けを持って臨むと、新たな興味と発想が沸いてくるものである!!!