デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 日本文化史
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 月曜日 代表時限 3限
科目分類名 教養
科目分野名 知の源泉/表現
年次 2~4
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 高橋光輝教員

学習目標(到達目標) 「日本文化」といってもその領域は伝統芸能や大衆文化、民俗文化など多岐にわたる。日本にあるさまざまな文化の特徴や背景を学びながら、この科目を通じ学生がコンテンツ作品(ゲーム、映像作品など)を制作する際に、厚みのある作品作りが行えるようになることを目標とする。
授業概要(教育目的) (参考:想定される講義内容)
大衆文化、歌舞伎、能、浪曲、錦絵、民俗学、地域芸能、オリンピック・パラリンピック文化プログラムと伝統文化などを各自取り上げる
授業計画表
 
各回タイトル
第1回オリンピック・パラリンピック文化プログラム
第2回日本の郷土芸能について
第3回日本の音楽
第4回歌舞伎の見方
第5回江戸あやつり人形の歴史
第6回能の見方
第7回錦絵など日本の表現方式
第8回まとめ
成績評価方法・基準 授業課題のレポートを評価する。

単位付与条件
出席率70%以上
課題の全提出
FS 70%以上
テキスト(教科書) なし
テキストISBN番号 なし
期末試験の内容(提出方法・実施日) レポート課題