デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 美術解剖学Ⅱ【合】
(副題) ⅠⅡセット履修、【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 2 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 火曜日 代表時限 1限
科目分類名 教養
科目分野名 基盤
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員教授◎ 布施英利教員

学習目標(到達目標) 絵画やイラスト、マンガやCG、立体造形等において、人体を描けるようになるために、人体の内部構造である解剖学を学ぶ。解剖学をマスターすることにより、人体を的確に描けるようにする。この Ⅱ の授業では、美術解剖学 Ⅰ 野「授業に続いて「人体の骨格」がテーマとなる。骨格の総まとめの授業。
授業概要(教育目的) 美術解剖学 Ⅰ の授業に続いて、絵画やイラスト、マンガやCG、立体造形等において、人体を自由に描けるようになることを目指す。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 人体の基本的な内部構造である、上肢・関節・頭蓋骨の、骨格の形や構造を扱う。
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回人体の骨格(美術解剖学1で学んだことの復習)以降の授業を円滑に行なうために、美術解剖学1で学んだことの復習を行なう。
第2回上肢の骨格1(上肢帯)腕や手の骨の初回として、鎖骨や肩甲骨などの「上肢帯の骨」について学ぶ。
第3回上肢の骨格2(自由上肢)腕の骨格である、「自由上肢の骨」について学ぶ。
第4回関節の種類人体の関節について、どのようなタイプがあるか学ぶ。
第5回上肢の骨格3(手)解剖学では、手首から先のみを「手」というが、その手の骨格について学ぶ。
第6回頭蓋骨頭蓋骨について学ぶ。
第7回まとめと復習これまで学んだ人体の骨格について、まとめと復習を行なう。
第8回まとめとテスト授業のまとめとテストを行なう。テストについての注意事項は、授業の中で指示する。
授業形式 人体を描くことを最終目的とするため、授業では、骨格(上肢・頭蓋骨等)の解剖図をノートに描く時間を多くとる。また、その理解のために解剖学的な知見について詳しい説明を行う。
成績評価方法・基準 授業の出席数(50%)と、テスト(50%)で総合的に評価する。テストは授業の最終回の時間の中で行なう。授業のなかで取り上げた骨格のイラスト、その説明などを解答してもらう。
テキスト(教科書) 必ず持参しなければいけない教科書はない(その代わり、各自のノートに、授業中に骨格のイラストや解説を書いてもらい、そのノートを自身の「解剖学の教科書」として授業終了後も使えるようにすることを目指します)。
参考文献 「Artistic Anatomy (Practical Art Books) 」(Paul Richer著、Watson-Guptill刊)
「イラストで学ぶ美術解剖学」(布施英利訳、グラフィック社刊)
期末試験の内容(提出方法・実施日) 最終回の授業の時間の中で行なう。授業ノートを持参して、それを参考に解答することが可能なので、普段からきちんとノートをとっておくこと。テストについての注意事項は、授業の中で説明する。
履修条件および学生へのメッセージ 美術解剖学 Ⅰ の授業と同じく、人体をうまく描けるようになりたいと望む学生に受講してほしい。授業時間以外にも、人体のデッサンなどに取り組み姿勢が望ましい。