デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 デザイン史Ⅰ【合】
(副題) ⅠⅡセット履修、【新旧合同】
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 3 Q 講義区分 講義
基準単位数 1.00 時間 0
代表曜日 水曜日 代表時限 2限
科目分類名 教養
科目分野名 基盤
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
客員准教授◎ 工藤芳彰教員

学習目標(到達目標) 学問としての歴史は単なる過去の記録ではありません。デザイン史についていえば、先人が生活のなかで目的的に考え、創造してきたことの記録であり、未来のデザインのための指針です。学生は、その基本的知識の習得を目的として、「材料」「技術」「思想」という3つの視点から過去のデザイン事例について学びます。内容は、西欧を中心に、古代から近代までの代表的なデザイン事例を時系列的に取り上げ、解説していきます。基本的に、各回ごとのトピックスにもとづき、多様な動画コンテンツを活用しながら、理解を深めていきます。詳細については、下記の授業計画を参照のこと。
授業概要(教育目的) 代表的なデザイン事例に関する基礎知識の習得、および時代・地域間の比較考察に必要となる視座の獲得を目指します。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) 1. この授業を通じて習得するキーワード
時代性、地域性、デザイン思想、歴史的意義
2. この授業を通じて磨かれるスキルとそのレベル
デザインに関する歴史的知識の習得 中級
デザインに関する歴史的視座の獲得 初級
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回古代の生活とデザイン授業ガイダンスの後、ローマ時代の事例を参考に、生活とデザインの基本的な関わりについて学びます。
第2回中世の生活とデザイン中世イギリスのコミュニティを事例に、デザインと生活の関わりについて学びます。
第3回デザイン様式の展開西欧の代表的な教会建築を事例に、ゴシックやルネッサンス、バロック、ロココといったデザイン様式とその変遷について学びます。
第4回産業革命とデザインイギリスの産業革命によって明らかとなったデザイナーの職能について学びます。
第5回19世紀イギリスのデザイン振興19世紀のイギリスで展開した万国博覧会などのデザイン振興について学びます。
第6回ウィリアム・モリスのデザイン活動近代デザインの父と呼ばれるウィリアム・モリスの活動について学びます。
第7回アーツ&クラフツ運動モリスらの活動を手本に展開したアーツ&クラフツ運動について学びます。
第8回アール・ヌーヴォー様式の誕生植物の造形に由来するアール・ヌーヴォー様式について学びます。
授業形式 各回のテーマに関連するさまざまの映像資料を活用しながら、歴史的なデザイン事例について平易に解説していきます。
成績評価方法・基準 試験80%、授業内課題20%
テキスト(教科書) 石川 マサル・フレア共著「絵ときデザイン史」(出版:エムディエヌコーポレーション)
テキストISBN番号 978-4844365273
参考文献 必要に応じて指示します。
期末試験の内容(提出方法・実施日) 試験方法  筆記試験
・提出方法  試験終了後回収
・持込の可否  持込不可
・実施日   11/22(水)
・追試験の実施  無
・追試験の実施  無
・再試験の実施  無
履修条件および学生へのメッセージ デザイン史はデザインを学ぶ皆さんの「アイデアの引き出し」を豊かにします。温故知新という言葉が示すとおり、古くて新しいデザインを一緒に学びましょう!