デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 Webサイト表現演習応用A
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 5限
科目分類名 演習
科目分野名 Web
年次 3~4
必修/選択 自由選択

担当教員
職種氏名所属
非常勤講師◎ 岡崎友宏教員

学習目標(到達目標) WEBページの作成&インターン先の決定
授業概要(教育目的) Webサイト制作の基礎知識(HTML、CSS、JavaScript)がある初学者に対して、最新の技術を学び、ユーザーに刺さるインタラクティブなWEBページを作成する
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) html、CSS、Javascript、JQuery、デザイン、gulp、Sass、BEM、webpack、SVG、TweenMax、ランディングページ
授業計画表
 
各回タイトル内容
第1回デザイナーとは・デザインとは
・デザイナーの仕事について
・潜在ニーズと顕在ニーズについて
・WEBデザインの工程について
・いいWEBデザインって何か
・デザイナーとしての目利力/センス
・ワークショップ
第2回最近のフロントエンドエンジニアの技術を身につける・最近のフロントエンドエンジニアについて
・Sass
・BEM
・gulp
・webpack
・自分専用のgulpfileを書こう
第3回SVGアニメーション・アニメーションの目的
・効果的なアニメーションとは
・SVGとは
・TweenMaxで作るSVGアニメーション
第4回ワクワクするページをデザインしよう①・デザインにおける色
・デザインにおける文字
・デザインにおける配置(レイアウト)
・ランディングページとは
・「お題」発表
・情報整理 / 設計
・ワイヤーフレーム作成
第5回ワクワクするページをデザインしよう②・モックアップを作成しよう
第6回ワクワクするページをコーディングしよう①・レスポンシブデザインとは
・なぜレスポンシブデザインか
・Gulpでレスポンシブデザインをする時の注意
・コーディング
第7回ワクワクするページをコーディングしよう②・実装
第8回発表今まで作成したものを発表→投票
成績評価方法・基準 授業態度:20%
授業内の演習・課題:30%
最終課題:50%
履修条件および学生へのメッセージ これからのトレンドを予測し、時代にあったページを作成しましょう!

【履修条件】
Webサイト表現演習
Webサイト制作実践演習Ⅰいずれかの単位を取得していること。