デジタルハリウッド大学WEBサービス ヘルプ
シラバス参照
シラバス検索 > シラバス参照
講義名 Webサイト制作実践演習Ⅰ
(副題)
開講責任部署 デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部デジタルコンテンツ学科
講義開講時期 1 Q 講義区分 演習
基準単位数 2.00 時間 0
代表曜日 金曜日 代表時限 3限
科目分類名 演習
科目分野名 Web
年次 2~3
必修/選択 選択必修

担当教員
職種氏名所属
講師◎ 小松学史教員

学習目標(到達目標) デザインカンプや出題される課題からWebサイトの文書構造をイメージし、それを形にするためのマークアップを授業内で繰り返し行なうことで、実務レベルでのWebコーディング手法を理解する。
授業概要(教育目的) PC教室の端末や履修生のPCを使用し、デザインカンプや出題される課題を元にコーディング計画を立て、文書構造の作成・レイアウト実践を数多く行なうことで、実務レベルでのWebコーディングスキルを習得する。
授業内容(キーワード/スキルとそのレベル) ・HTML、CSSマークアップ実践
・コーディング計画
・コーディングガイドライン
・バリデーション、テスト

HTML・CSSコーディング 中級
コーディング計画 初級
Webページコーディング評価 初級
授業計画表
 
担当教員内容
第1回小松学史コーディング計画、コーディングを習得する上でのマインドについて
第2回小松学史コーディング計画、コーディングガイドラインについて
第3回小松学史コーディングの評価、テストについて
第4回小松学史パーツ、レイアウト、テンプレートについて
第5回小松学史レイアウトのパターンについて
第6回小松学史 CSSセレクタの命名規則、広い視点でのCSSの考え方
第7回小松学史アクセシビリティの考慮について
第8回小松学史課題プレゼン、講評、サイトテストおよびフィードバック
授業形式 毎回、授業の前半は新しい知識や考え方についての解説をしながら、PCを使ったハンズオントレーニングを行います。
2回目以降は、課題や疑問に関するフィードバックなどの解説も加えます。
授業の後半部分は、課題に取り組む時間として活用します。
(学生同士や講師との意見交換、作業の場所として活用し、自宅での学習に繋げられるようになれば)
成績評価方法・基準 課題点90%+授業態度10% 左記で採点を行う。
出席率70%未満のものは、採点を行わない
テキスト(教科書) オリジナルの資料を配布します
期末試験の内容(提出方法・実施日) 課題提出をもって評価する。
課題内容はグループウェアや演習中に告知する。
今期は2つの課題をもって評価する。
試験や追試験、再試験等は行わない
履修条件および学生へのメッセージ HTMLやCSSの基本的な知識があることを前提とした授業となります。
基本的にマークアップを実践する授業になりますので、デザインの制作を課題として出題はいたしません。

「Webサイトマークアップ演習」と「Webサイトスタイリング演習」を単位修得済みの学生は無条件に履修ができます。上記科目を不可になった学生は履修ができません。
上記の科目を未履修で、本科目を履修したい場合は、講師が課す成果物を提出してください。その内容をもって講師が独自に判断します。(課題内容に関しては、このメッセージの最後にその内容を記します)


タイピングが遅いと自覚している方は、タイピングゲーム等を駆使して、キー入力が早くなるようにお願いします。
マークアップについての理解は、多くの作業や思考の反復によって培われますので、作業的には課題が多くなることを理解してください。

担当講師としては皆さんに頑張って学習できる環境を用意したり、フィードバックを多くしてきたいと思いますので、お互いに全力で授業に向かう気概を持ってくれると幸いです。


------------------------------------------


「Webサイトマークアップ演習」「Webサイトスタイリング演習」を未履修で、本科目を履修したい学生への課題

提出物:
「ここ1年以内に作成したWebページを1ページ以上」 → Webページ一式
「そのWebページについて、制作した部分の解説」 → textファイル

提出物について:
講師の環境のブラウザで確認できるように、HTML、CSS、画像フォルダ、その他を1つにまとめて、ZIPで圧縮をしてください。
※phpのファイルの場合は、Webサーバーにアップしたら見られるようにしてください

確認のポイント:
・マークアップされたものが、ちゃんとアウトラインを意識できているか
・CSSの理解がある一定のレベルにあるか
・解説に矛盾が無いか



提出先:

komatsu@dhw.ac.jp

小松 学史 講師宛
上記アドレスに課題を添付してください

※メールには、適切なタイトル、宛名、何のメールなのかを明記してください。何の為に送ったメールか判断ができないものはチェックいたしません。


不明点について:
何か、課題について不明なところがある場合、上記のアドレスに質問をしてください。